• 新着順
  • 人気順
2017/05/19  グルーバル感覚

目論見が甘かった『ブレグジット』、英国が辿る末路【大前研一メソッド】

英国のテリーザ・メイ首相は、2020年に予定していた英国議会下院の総選挙を前倒しで行うと表明し、6月8日に実施します。[…]

続きを読む

2017/05/12  グルーバル感覚

新大統領誕生でも、韓国は『先進国』になれない!?【大前研一メソッド】

経済政策において年間50万人の新規雇用などの社会保障政策を選挙公約に掲げる革新系大統領が韓国に誕生しました。[…]

続きを読む

2017/04/28  グルーバル感覚

独裁政治が中国を暴走させる!習近平一強体制の末路【大前研一メソッド】

北朝鮮の地政学的リスクは依然として高止まりしたままです。米国が軍事的な圧力をちらつかせているのに対して、[…]

続きを読む

2017/04/21  経済原論

「リスクテイカー」だけが莫大な利益を得る時代【大前研一メソッド】

「現在は第4次産業革命(インダストリー4.0)が進行している真っ只中に私たちは生きているのだ」と大前研一は言います。[…]

続きを読む

2017/04/14  経営戦略

東芝を追い込んだ原発ビジネスに未来はあるか!?【大前研一メソッド】

東芝が(2017年3月期)第3四半期決算を発表しました。第3四半期連結累計期間(2016年12月に終了した9か月間)の営業損益は、原子力発電システムののれんの減損損失7166億円の計上により、5763億円の赤字となりました。

続きを読む

2017/04/07  グルーバル感覚

北朝鮮に迫る“Xデー” トランプ VS 金正恩の末路【大前研一メソッド】

「北朝鮮」がニュースになる頻度が増えています。北朝鮮が核や弾道ミサイルの実験を行う頻度が増え、開発のスピードを加速させているようにみえます。4月5日も弾道ミサイルを発射しました。[…]

続きを読む

2017/03/31  経済原論

金持ちはさらに富む!日本の富裕層急増の裏側【大前研一メソッド】

国際NGO「オックスファム(Oxfam)」は2017年1月16日、マイクロソフトの共同創業者ビル・ゲイツ氏やSNS最大手フェイスブックの共同創業者マーク・ザッカーバーグ氏、インターネット通販最大手アマゾン・ドットコム共同創業者のジェフ・ベゾス氏ら世界で最も裕福な富豪8人の資産額と、[…]

続きを読む

2017/03/24  ITリテラシー 財務

金融分野の産業革命!フィンテックがもたらす価値【大前研一メソッド】

ビットコインやロボットアドバイザーが個人にも身近な存在になってきました。「フィンテック(FinTech)革命」が世界でどんどん進展しています。[…]

続きを読む

2017/03/17  組織人事 経済原論

杓子定規の「残業規制」、あなたは望む?【大前研一メソッド】

政府は「働き方改革」の柱として、時間外労働(残業)時間を是正するための労働基準法改正案を検討しています。[…]

続きを読む

2017/03/10  グルーバル感覚 経営戦略

低成長時代のサラリーマン・サバイバル術【大前研一メソッド】

バブル崩壊後の「失われた20年」を経ても給料は上がらず、税金や社会保険料は増える一方です。年金財政の破綻懸念も強まるばかりで、多くのサラリーマンが将来に不安を感じています。[…]

続きを読む

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

相互に重複がなく全体として漏れがないことを指すロジカルシンキングの基礎技術って次のどれ?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP