• 新着順
  • 人気順
MECE(みーしー、みっしー)
論理思考

MECEとは、Mutually Exclusive Collectively Exhaustiveの略で、相互に重複がなく全体として漏れがないことを指す言葉でロ... 続きを読む

GDP(じーでぃーぴー)
経済原論

GDP(Gross Domestic Product、国内総生産)とは、一定期間に国内で生産された商品・サービスなどの付加価値の合計。   国民総生産... 続きを読む

KJ法(けいじぇいほう)
論理思考

KJ法とは、アイデアやデータをまとめるための方法。   文化人類学者の川喜田二朗氏によって開発された手法で、その名前にちなんで、KJ法という。 プロジ... 続きを読む

KPI(けーぴーあい)
経営戦略

KPIとは、key performance indicator の略で、企業目標や業務プロセスの達成の度合いを評価するための指標で、主要業績評価指標とも呼ばれる... 続きを読む

IFRS(あいえふあーるえす、いふぁーす、あいふぁーす)
財務

IFRS(アイファース、イファース、アイエフアールエスと読む。)は国際的に理解可能な共通言語を目指して作成されている会計の方式。   企業の国際化にと... 続きを読む

Gゼロ時代
グルーバル感覚

アメリカの政治リスク分析の専門家イアン・ブレマー氏が提唱している概念。   東西冷戦時代のG2(アメリカとソ連)、冷戦終結後のソ連崩壊によるG1(アメ... 続きを読む

LTV (Life Time Value)(えるてぃーぶい/らいふたいむばりゅー)
マーケティング

LTV (Life Time Value)とは、顧客から得られる将来のキャッシュフローを、現在価値に割り引いたもの。ある顧客による総利益の予測値。また、顧客の企... 続きを読む

IMC (Integrated Marketing Communication)(あいえむしー/いんてぐれいてぃっどまーけてぃんぐこみゅにけーしょん)
マーケティング

IMC (Integrated Marketing Communication)とは、伝統的なチャネルも新しいチャネルも合わせて、様々なプロモーション手法を用い... 続きを読む

GTD (Getting Things Done)(じーてぃーでぃー/げってぃんぐしんぐすだん)
ITリテラシー

GTD (Getting Things Done)とは、頭の中のやるべきことの項目をすべて書き出し、その管理はPCやモバイルのアプリに任せることによって、作業者... 続きを読む

新着BIZトピックス

話題のビジネステーマや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説

2017/10/23配信分 

「新聞発行部数と新聞販売所従業員数」をウォッチ!

  今回は、「新聞発行部数と新聞販売所従業員数」を取り上げてご紹介いたします。   先日(2017年10月6日)、日本経済新聞社が、紙の新聞の購読料を11月から値上げすると発表しました。朝刊と夕刊をセ […]

続きを読む

2017/10/18配信分 

19――これは何の数字?

ヒント: 知っていましたか?

続きを読む

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

一定期間に国内で生産された商品・サービスなどの付加価値の合計のことをなんと呼ぶか?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP