BIZライブラリー ビジネス・ブレークスルー大学院の講義で使われている書籍、スタッフの推薦図書や、今話題のビジネス最新刊から学長大前研一の著書まで、きっとあなたの役に立つ書籍をご紹介。

  • テーマから探す
  • カテゴリから探す
  • 専攻から探す
  • 講師から探す
  • キーワードから探す
  • 新着順
詳細はこちら

実践 M&Aマネジメント

著者:服部 暢達
出版社:東洋経済新報社
発刊日:2004/01/31

専攻:両専攻共通
大学院の科目名:M&Aと経営
必修/選択/選択必修:選択科目

詳細はこちら

手にとるようにわかるM&A入門―会社を揺さぶる「合併・買収」!

著者:久保 理
出版社:かんき出版
発刊日:2005/07/19

専攻:両専攻共通
大学院の科目名:M&Aと経営
必修/選択/選択必修:選択科目

詳細はこちら

この1冊でわかる!M&A実務のプロセスとポイント

著者:大原 達朗、松原 良太、早嶋 聡史著
出版社:中央経済社
発刊日:2014/12/17

詳細はこちら

大前研一 日本の論点 2015~16

出版社:プレジデント社
発刊日:2014/11/01

詳細はこちら

大前研一ビジネスジャーナル No.1 「強いグローバル戦略/脆いグローバル戦略」

出版社:good.book
発刊日:2014/08/01

詳細はこちら

マッキンゼー 現代の経営戦略 2014年新装版

出版社:good.book
発刊日:2014/08/01

詳細はこちら

マッキンゼー 成熟期の成長戦略 2014年新装版

出版社:good.book
発刊日:2014/08/01

詳細はこちら

マッキンゼー 成熟期の差別化戦略 2014年新装版

出版社:good.book
発刊日:2014/08/01

詳細はこちら

マッキンゼー 変革期の体質転換戦略 2014年新装版 

出版社:good.book
発刊日:2014/08/01

詳細はこちら

StrategicMind 2014年新装版

出版社:good.book
発刊日:2014/05/01

新着BIZトピックス

話題のビジネステーマや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説

2019/04/15配信分 

「 2019年のGW旅行動向 」をウォッチ!

  今回は、「 2019年のGW旅行動向 」を取り上げてご紹介いたします。   今年のゴールデンウィーク(GW)は、皇位継承に伴い4月27日から5月6日までの史上初の10連休となる予定となっています。 […]

続きを読む

2019/04/12配信分  グルーバル感覚

大前研一流:外交問題の先読み術【大前研一メソッド】

大前研一学長は「theory of thinking」が存在するのだと言います。「theory of thinking」の中から、今号のメルマガでは、おもに外交問題を考えるときの“定石”を大前学長が初めて公開します。【2】でその具体例を解説することとします。現在進行形の実際の外交問題を2例とりあげます。前半では日ロ交渉を、後半では朝鮮半島情勢を題材とし、大前学長が先読みするときの思考プロセスを解説します。 […]

続きを読む

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

市場そのものは隆盛を続ける一方で外資に国内系企業が淘汰、買収されたりすることを何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP