BIZTIPS>BIZまとめ>ビッグデータは本当に活用できるか?単なる流行りのバズワード?

BIZトピックス 大前研一メソッド、MBAホルダーの視点のバックナンバーをテーマ別に編集。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

更新日:2013年12月10日

ITリテラシー 経営戦略

ビッグデータは本当に活用できるか?単なる流行りのバズワード?

医療分野や、交通、防災、マーケティング、あらゆる分野でいま注目を集めているビッグデータ。なんとなく概念は分かるけれど、本当に意味のある使い方が出来るのかまだ半信半疑。そこでビッグデータの基本をまとめてみました。

会社でビッグデータの活用方法を考えろ!なんて言われているんだけれど、そもそもビッグデータって何?

下部枠
矢印

ビッグデータのイメージはなんとなくわかったけれど、実際にはどんなサービスに活用されるんだろう?

下部枠
矢印

マーケティングに使ったら強力な企業の武器になりそうだけれども

下部枠
矢印

ビッグデータが有用ならば活用できる人材が必要だよね!そんな専門家いるんだろうか?

下部枠
矢印

画像出典:データ分析の専門家「データサイエンティスト」がいるか NRI

データサイエンティストって言うんだね。これから企業に重宝がられそうな存在になりそう!

下部枠
矢印

画像出典:NRI データ分析のビジネス活用動向に関するロードマップ

専門家ばかりでなく、ユーザー部門でも便利に使えるツールも必要になるんだろうね。

下部枠
矢印

ビッグデータって前向きな議論が多い一方で、まだ確立していないルールの問題もありそうだね。

下部枠
矢印

通信キャリアでもプライバシーデータの取り扱いを苦慮しているんだね。利用者への分かりやすい事前説明のが大事だよね。

下部枠
矢印

社会の発展やイノベーションに繋がれば望ましいけど、プライバシーの確保もしっかりガイドラインが必要だね。

下部枠
矢印

まだまだどうなるか楽しみな概念という事で、今後の動向を注意深く見守っていこうっと。

下部枠
矢印
MBA診断

新着BIZトピックス

話題のビジネステーマや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説

2019/04/15配信分 

「 2019年のGW旅行動向 」をウォッチ!

  今回は、「 2019年のGW旅行動向 」を取り上げてご紹介いたします。   今年のゴールデンウィーク(GW)は、皇位継承に伴い4月27日から5月6日までの史上初の10連休となる予定となっています。 […]

続きを読む

2019/04/12配信分  グルーバル感覚

大前研一流:外交問題の先読み術【大前研一メソッド】

大前研一学長は「theory of thinking」が存在するのだと言います。「theory of thinking」の中から、今号のメルマガでは、おもに外交問題を考えるときの“定石”を大前学長が初めて公開します。【2】でその具体例を解説することとします。現在進行形の実際の外交問題を2例とりあげます。前半では日ロ交渉を、後半では朝鮮半島情勢を題材とし、大前学長が先読みするときの思考プロセスを解説します。 […]

続きを読む

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

自社や外部環境の分析をすることによって、適切な目標を立てるために役立つフレームワークは?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP