• 新着順
  • 人気順
GDP(じーでぃーぴー)
経済原論

GDP(Gross Domestic Product、国内総生産)とは、一定期間に国内で生産された商品・サービスなどの付加価値の合計。   国民総生産... 続きを読む

需給曲線
経済原論

需給曲線とは、縦軸に価格を、横軸に数量をとると、消費者の買いたいという欲求を表す需要曲線は右肩下がりで書くことができる。   価格が下がれば、買いたい... 続きを読む

アービトラージ
経済原論

アービトラージとは、裁定取引とも呼ばれ、同じ価値を持つ商品の市場間に生じた一時的な価格差を利用して低リスクで利益を上げる取引のことである。   同じ価... 続きを読む

デカップリング
経済原論

デカップリングとは、切り離し、分離、非連動を意味する言葉である。主に世界経済の中で新興国が占める割合が拡大したことによりアメリカの景気と世界経済の景気との連動性... 続きを読む

融資
経済原論 財務

融資(ゆうし)とは、資金を融通して貸し出すこと。個人または法人が金融機関から資金を融通することをいう。個人を対象とした小型のキャッシングも融資の一形態である。 ... 続きを読む

ベンチャーキャピタル
経済原論 財務

ベンチャーキャピタル(venture capital)とは、成長可能性のあるベンチャー企業(未上場企業)などに投資を行う企業やのそのための資金そのもののこと。高... 続きを読む

マネーサプライ
経済原論

マネーサプライ(通貨供給量)とは、中央銀行(日本銀行)など、金融部門全体から経済に対して供給される通貨の量のことで、企業や個人、地方公共団体などが保有するお金の... 続きを読む

プライマリーバランス
経済原論

プライマリーバランスとは、国債費関連を除いた基礎的財政収支のことである。国債の利払いと償還費を除いた歳出(一般歳出)と、国債発行収入を除いた歳入(税収など)を比... 続きを読む

デフォルト
経済原論

デフォルトとは、日本語では「債務不履行」とも呼ばれ、債券の利払い、償還が不可能となり、債務が履行されなくなることである。デフォルトに陥るリスクを客観的に見るため... 続きを読む

ニーズ
経済原論

ニーズとは、人間が生活上必要な基本的要件が奪われ、欠乏を感じている状態のことを指す。生理的ニーズ(食料、空気、水、安全など)・社会的ニーズ(帰属、尊敬など)・個... 続きを読む

新着BIZトピックス

話題のビジネステーマや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説

2017/10/23配信分 

「新聞発行部数と新聞販売所従業員数」をウォッチ!

  今回は、「新聞発行部数と新聞販売所従業員数」を取り上げてご紹介いたします。   先日(2017年10月6日)、日本経済新聞社が、紙の新聞の購読料を11月から値上げすると発表しました。朝刊と夕刊をセ […]

続きを読む

2017/10/18配信分  マーケティング

『マーケティング概論』を覗き見!
 ①誰かに聞く前に読んでおきたい、マーケティングってそもそも何?という話

MBAの人気科目の1つ、マーケティング。本連載では「基礎より手前」にフォーカス。「なるほど、マーケティングってそういうことか!」と腑に落ちるところまで噛み砕いて、BBT大学院の修了生の方にわかりやすく解説してもらいましょう!

続きを読む

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

自社や外部環境の分析をすることによって、適切な目標を立てるために役立つフレームワークは?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP