• 新着順
  • 人気順
有機的組織
組織人事

有機的組織とは、組織の形態。組織構造は「機械的組織と有機的組織」に類型されるとした経営学者トム・バーンズとG・M・ストーカーの分類による。「有機的組織」とは、職... 続きを読む

7S戦略(ぜぶんえすせんりゃく/ななえすせんりゃく)
組織人事

7S戦略とは、組織を評価するためのフレームワークで、組織が目標を達成するため、その内部がどうなっているか監視、評価するために使われる。 組織がパフォーマンスを高... 続きを読む

組織図
組織人事

組織図とは、構造、関係性、職位などを表す図表のこと。内部統制の観点から、近年では重要性が増している。意思決定を行う際の、承認プロセスは普通組織図の組織構成を元に... 続きを読む

CFT (Cross-functional Team ) (しーえふてぃー/くろすふぁんくしょんちーむ)
組織人事

クロスファンクショナルチームとは、企業の特定の経営課題を解決するために、部門横断的に、時には社外からもメンバーを集めて結成されたチームのことである。  ... 続きを読む

シックスシグマ
組織人事

シックスシグマとは、生産管理における、プロセス改善手法。改善のための戦略やツールが含まれる。欠陥品が生まれるプロセスを特定し、それを取り除くことによって成果物の... 続きを読む

マズローの欲求段階説
組織人事

マズローの欲求段階説とは、アメリカの心理学者・アブラハム・マズローが唱えた、人間の欲求の次元は5つに分類でき、低次のものから順に顕在化するという説である。 低次... 続きを読む

サービスプロフィットチェーン
組織人事

利益性と顧客ロイヤリティと従業員満足度、従業員ロイヤリティ、従業員生産性は関連しあっているとする理論。   事業の利益と成長は顧客ロイヤリティによって... 続きを読む

アサーショントレーニング
組織人事

アサーショントレーニング(Assertion training)とは、対象者が適切に自分の考えを主張するためのトレーニングのことである。   ハッキリ... 続きを読む

クレド
組織人事

クレドとは、信条、志、を意味するラテン語で、企業活動の拠り所となる信条や行動指針を簡潔に記したものである。   従業員はもとより、顧客、株主、全てのス... 続きを読む

PM理論(ぴーえむりろん)
組織人事

PM理論とは、リーダーシップをPerformance functionとMaintenance functionの2つの軸から評価する理論。日本の社会心理学者三... 続きを読む

新着BIZトピックス

話題のビジネステーマや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説

2017/10/23配信分 

「新聞発行部数と新聞販売所従業員数」をウォッチ!

  今回は、「新聞発行部数と新聞販売所従業員数」を取り上げてご紹介いたします。   先日(2017年10月6日)、日本経済新聞社が、紙の新聞の購読料を11月から値上げすると発表しました。朝刊と夕刊をセ […]

続きを読む

2017/10/18配信分 

19――これは何の数字?

ヒント: 知っていましたか?

続きを読む

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

市場そのものは隆盛を続ける一方で外資に国内系企業が淘汰、買収されたりすることを何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP