• 新着順
  • 人気順
Pros Consリスト(ぷろすこんすりすと、ぷろこんりすと)
論理思考

pros cons listとは、pro(賛成の)とcon(反対の)という意味から転じて、意思決定に際して、その決定による起こることが想定されるメリット、デメリ... 続きを読む

フィッシュボーンチャート
論理思考

フィッシュボーンチャート とは、対象となる特性とそれに影響を及ぼす種々の要因の関係を系統立てて階層的に整理した図のことである。特性要因図とも呼ばれる。 作成方法... 続きを読む

PDCA(ぴーでぃーしーえー)
論理思考

PDCA(PDCAサイクル)とは、以下の4ステップで構成される、製品やプロセスを継続的に改善するための方法。   【PLAN】 望ましい結果を出すため... 続きを読む

MECE(みーしー、みっしー)
論理思考

MECEとは、Mutually Exclusive Collectively Exhaustiveの略で、相互に重複がなく全体として漏れがないことを指す言葉でロ... 続きを読む

ロジックツリー
論理思考

ロジックツリーとは、ある事象やその原因などをツリー状に分解していく思考法のことである。また、その図解方法の事を指す。文字どおり論理を構成するツリー状のもので、事... 続きを読む

ピラミッドストラクチャ
論理思考

ピラミッドストラクチャとは、いくつものはっきりしている事実、情報を積み上げていき、ひとつの頂点となる主張をピラミッド状に導き出す思考法である。下位層から上位層へ... 続きを読む

5W1H(ごだぶりゅういちえいち)
論理思考

5W1Hとは、商品、サービス開発、文書、プログラム作成まで、何かを作る時に、誰が(who)、何に(what)、いつ(when)、どこで(where)、なぜ(wh... 続きを読む

KJ法(けいじぇいほう)
論理思考

KJ法とは、アイデアやデータをまとめるための方法。   文化人類学者の川喜田二朗氏によって開発された手法で、その名前にちなんで、KJ法という。 プロジ... 続きを読む

フレームワーク
論理思考

フレームワーク(ビジネスフレームワーク)とは、情報分析、問題解決や戦略立案などを行う際にその基礎として利用できる思考の枠組みのこと。また、ビジネスに必要とされる... 続きを読む

帰納法
論理思考

帰納法とは、個々の観察された事象から一般的法則や原理を導き出す思考法のことである。   Aは、死んだ。 Bは、死んだ。 A,Bは、共に人間だ。 (結論... 続きを読む

新着BIZトピックス

話題のビジネステーマや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説

2017/08/21配信分 

「お盆期間の高速道路渋滞回数」をウォッチ!

  今回は、「お盆期間の高速道路渋滞回数」を取り上げてご紹介いたします。   毎年8月のお盆休み時期になると、高速道路の渋滞情報が報道されます。昨年(2016年)の高速道路渋滞回数は472回という調査 […]

続きを読む

2017/08/18配信分  経済原論 財務

アリババが運営するモバイル決済が、日本上陸へ!【大前研一メソッド】

中国ネット通販最大手のアリババ集団は2018年春にも、日本でスマートフォン(スマホ)を使ったモバイル電子決済サービスを始めます。[…]

続きを読む

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

市場そのものは隆盛を続ける一方で外資に国内系企業が淘汰、買収されたりすることを何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP