• 新着順
  • 人気順
CVP分析(しーぶいぴーぶんせき)
財務

CVP分析(Cost-Volume-Profit Analysis)とは、管理会計におけるコスト計算の手法。損益分岐点分析とも呼ばれる。費用と製品の販売量の均衡... 続きを読む

デジュール・スタンダード
グルーバル感覚

デジュールスタンダードとは、公的な標準化機関により規定された規格の総称のことである。de jure(デジュール)はラテン語で、法律上の、道理上の、という意味であ... 続きを読む

アービトラージ
経済原論

アービトラージとは、裁定取引とも呼ばれ、同じ価値を持つ商品の市場間に生じた一時的な価格差を利用して低リスクで利益を上げる取引のことである。   同じ価... 続きを読む

KJ法(けいじぇいほう)
論理思考

KJ法とは、アイデアやデータをまとめるための方法。   文化人類学者の川喜田二朗氏によって開発された手法で、その名前にちなんで、KJ法という。 プロジ... 続きを読む

ビジネススクリーン
経営戦略

ビジネススクリーンとは、ゼネラル・エレクトリックとマッキンゼーが共同開発した企業ポートフォリオの評価を行うための手法である。市場占有率と事業の成長率という2つの... 続きを読む

バリューポートフォリオ
経営戦略

バリューポートフォリオとは、各事業をROIの高低などの株主からの視点と会社のビジョンとの整合性などの経営者の視点の2つの視点から経営資源をどの事業に投下すべきか... 続きを読む

ERRC(いーあーるあーるしー/えるっく)
マーケティング

Eliminate(取り除く)-Reduce(減らす)-Raise(増やす)-Create(つくる)の略で、ブルーオーシャンになるような価値を作り出すためのフレ... 続きを読む

クラウドファンディング
ITリテラシー グルーバル感覚 経営戦略 財務

クラウドファンディング(crowd funding)は、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語。企業や個人が、インターネットを通じて不... 続きを読む

アドバンテージマトリックス
経営戦略

1.競合優位性がどのくらい大きくなるか 2.競合優位性を達成する手段がどのくらいの数あるか の2軸で分析し、ビジネスを4つのカテゴリーに分類する。  ... 続きを読む

PSM分析(ぴーえすえむぶんせき)
マーケティング

PSM分析(価格感度測定法price sensitivity meter)とは、消費者の価格の選好に関する分析方法。   市場調査で長年に渡って活用さ... 続きを読む

新着BIZトピックス

話題のビジネステーマや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説

2018/12/17配信分 

「 動画広告市場 」をウォッチ!

  今回は、「 動画広告市場 」を取り上げてご紹介いたします。   先日11月30日、サイバーエージェント内のオンラインビデオ総研とデジタルインファクトと共同で、国内動画広告市場の動向をまとめた調査結 […]

続きを読む

2018/12/12配信分 

8――これは何の数字?

ヒント:これを起爆剤に!

続きを読む

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

特性要因図とも呼ばれる対象となる特性と影響を及ぼす種々の要因の関係を整理した図を何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP