• 新着順
  • 人気順
マインドマップ
論理思考

マインドマップとは、考えていることを脳内のそのままに近いかたちで目に見えるように描き出すことで、思考・発想を効率的に行える手法である。英国の教育者トニー・ブザン... 続きを読む

帰納法
論理思考

帰納法とは、個々の観察された事象から一般的法則や原理を導き出す思考法のことである。   Aは、死んだ。 Bは、死んだ。 A,Bは、共に人間だ。 (結論... 続きを読む

コスト・リーダーシップ戦略
経営戦略

コスト・リーダーシップ戦略とは、競合他社よりも低いコストを実現することにより、競争に勝とうとする戦略のことである。   マイケル・ポーター教授が提唱し... 続きを読む

シックスシグマ
組織人事

シックスシグマとは、生産管理における、プロセス改善手法。改善のための戦略やツールが含まれる。欠陥品が生まれるプロセスを特定し、それを取り除くことによって成果物の... 続きを読む

ビジット・ジャパン・キャンペーン
グルーバル感覚

観光庁を所管する、国土交通省が中心となって推進している「外国人旅行者訪日促進戦略」の一環として平成15年(2003年)から取り組まれているもので、関係府省及び自... 続きを読む

1:5の法則
マーケティング

1:5の法則とは、新規顧客を獲得するコストは、既存顧客に販売するコストの5倍になるという法則。統計データから導かれている、事実に基づいた法則である。  ... 続きを読む

需給曲線
経済原論

需給曲線とは、縦軸に価格を、横軸に数量をとると、消費者の買いたいという欲求を表す需要曲線は右肩下がりで書くことができる。   価格が下がれば、買いたい... 続きを読む

フェルミ推定
論理思考

フェルミ推定とは、特定できない数や調査することが難しい数などをいくつかの手がかりをもとに論理的に推論し、短時間で概算すること。   フェルミ推定の名称... 続きを読む

パレートの法則
論理思考

パレートの法則とは、イタリアの経済学者・社会学者であるヴィルフレド・パレートが発表した全体の2割程度の高額所得者が社会全体の所得の約8割を占めるという法則のこと... 続きを読む

IFRS(あいえふあーるえす、いふぁーす、あいふぁーす)
財務

IFRS(アイファース、イファース、アイエフアールエスと読む。)は国際的に理解可能な共通言語を目指して作成されている会計の方式。   企業の国際化にと... 続きを読む

新着BIZトピックス

話題のビジネステーマや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説

2018/01/17配信分  経営戦略

『企業再生論』を覗き見!
 ①企業再生論でビジネスパーソンの価値を上げる

本科目では、元産業再生機構執行役員であり、カネボウ化粧品会長兼CEOを始めとして企業再生の第一線で結果を出してきた余語邦彦教授より、経営再建・企業再生の秘訣と経営手法を学びます。あなたのキャリアに大きくプラスに働く本科目のエッセンスをBBT大学院の修了生の方にわかりやすく解説してもらいましょう!

続きを読む

2018/01/17配信分 

1800 ――これは何の数字?

ヒント: 時代の流れですね。

続きを読む

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

特性要因図とも呼ばれる対象となる特性と影響を及ぼす種々の要因の関係を整理した図を何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP