• 新着順
  • 人気順
IFRS(あいえふあーるえす、いふぁーす、あいふぁーす)
財務

IFRS(アイファース、イファース、アイエフアールエスと読む。)は国際的に理解可能な共通言語を目指して作成されている会計の方式。   企業の国際化にと... 続きを読む

マズローの欲求段階説
組織人事

マズローの欲求段階説とは、アメリカの心理学者・アブラハム・マズローが唱えた、人間の欲求の次元は5つに分類でき、低次のものから順に顕在化するという説である。 低次... 続きを読む

ブランド・エクイティ
マーケティング

ブランド・エクイティとは、ブランドが持つ無形の価値を企業資産とする考え方である。構成する要素として、ブランド・ロイヤリティ、認知度、ブランド・イメージなどのほか... 続きを読む

オズボーンのチェックリスト
論理思考

アイデアを発想する切り口を提供するチェックリスト。項目は以下の9つである。   ・他の用途に使えないか? ・似た物を取り入れられないか? ・変化させる... 続きを読む

差別化戦略
経営戦略

差別化戦略とは、他社よりも高い価値を製品やサービスに付加することで差別化し市場での優位性を構築する戦略である。マイケル・ポーター教授が提唱した3つの基本戦略(コ... 続きを読む

アービトラージ
経済原論

アービトラージとは、裁定取引とも呼ばれ、同じ価値を持つ商品の市場間に生じた一時的な価格差を利用して低リスクで利益を上げる取引のことである。   同じ価... 続きを読む

フェルミ推定
論理思考

フェルミ推定とは、特定できない数や調査することが難しい数などをいくつかの手がかりをもとに論理的に推論し、短時間で概算すること。   フェルミ推定の名称... 続きを読む

仮説思考
論理思考

仮説思考とは、情報収集や分析作業以前に、目標の達成・問題解決に向けた仮の結論(仮説)を設定し、その仮説を用い情報収集をし、仮設の実行、検証、修正を行い、真の結論... 続きを読む

デコンストラクション
経営戦略

デコンストラクションとは、人件費の高騰や技術の進化に伴って、事業の定義や構造を、これまでとは異なる視点からとらえ直し、バリューチェーンの分解と再構築を行うことで... 続きを読む

サービスプロフィットチェーン
組織人事

利益性と顧客ロイヤリティと従業員満足度、従業員ロイヤリティ、従業員生産性は関連しあっているとする理論。   事業の利益と成長は顧客ロイヤリティによって... 続きを読む

新着BIZトピックス

話題のビジネステーマや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説

2017/10/18配信分  マーケティング

『マーケティング概論』を覗き見!
 ①誰かに聞く前に読んでおきたい、マーケティングってそもそも何?という話

MBAの人気科目の1つ、マーケティング。本連載では「基礎より手前」にフォーカス。「なるほど、マーケティングってそういうことか!」と腑に落ちるところまで噛み砕いて、BBT大学院の修了生の方にわかりやすく解説してもらいましょう!

続きを読む

2017/10/18配信分 

19――これは何の数字?

ヒント: 知っていましたか?

続きを読む

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

相互に重複がなく全体として漏れがないことを指すロジカルシンキングの基礎技術って次のどれ?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP