BIZTIPS>BIZトピックス>「アカウンティング」講座を覗き見! ③マネジメント会計の基礎編 ~マネジメント会計とは!?

BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2014/10/01配信分

財務

「アカウンティング」講座を覗き見! ③マネジメント会計の基礎編 ~マネジメント会計とは!?

人画像
上部枠

「アカウンティング」講座の第3回目だ!マネジメント会計の基礎についてだ!財務会計は過去を重視するが、マネジメント会計は将来にどうやって活かすかを重視する。くまおはマネジメント会計を聞いたことがあるかな?

下部枠
矢印
熊画像
上部枠

財務会計は聞いたことがありますが、マネジメント会計は初めて聞きました…

下部枠
矢印

 

■アカウンティング■■■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 3.マネジメント会計の基礎編 ~マネジメント会計とは!?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

■ マネジメント会計の基礎編

 

今回はマネジメント会計の基礎編について解説します。マネジメント会計の目的、マネジメント会計の変遷、マネジメント会計の区分、マネジメント会計の本質の4つの構成で理解を進めていきましょう。

 

 

■ マネジメント会計の目的

 

財務会計が「経営者が株主に対して業績を報告すること」を目的にしているのに対し、マネジメント会計は「経営者が、経営するために役立つ情報を入手すること」を目的にしています。

 

それ故に前者は「過去」を重視しますが、後者は「将来」にどうやって活かすか(=いかに売上・利益を増やせるか、資産を効率的に活用できるか)を重視するのです。

 

マネジメント会計では、財務会計の数字を加工して使用します。しかしそれだけでは情報不足ですので、より詳細な財務情報や物量情報等を把握する仕組みづくりが必要となります。

 

 

■ マネジメント会計の変遷

 

マネジメント会計は「経営管理の方法論」の発展に合わせて進化・変遷を遂げています。経営は「意思決定→計画→組織化→統制」という流れで捉えることができます。

 

当初のマネジメント会計は継続的反復的な「計画と統制」を支援する役割を担っていました。例えば「標準と実績を比較すること」で、予算の編成と統制(実績との差異分析)があげられます。

 

その後、臨時受注可否の判断、売上品構成割合の判断、製品価格決定といった「日常的意思決定」を支援する役割や、設備投資等の「臨時的意思決定」を支援する役割も担うようになります。
「計画と統制」の支援も、利益計画のためのCVP分析(*1)や事業部の業績測定のためのROI(*2)、EVA(*3)導入など、様々な視点での「業績管理、問題発見機能」が志向され、深化が進みます。

 

さらに、価値連鎖分析(*4)や戦略的ポジショニング分析(*5)など「経営戦略」そのものを支援する役割も与えられて行きます。

 

古いものは陳腐化して役立たないという性質のものではなく、対象となる領域が広がっているのです。

 

 

■ マネジメント会計の区分

 

当講座では以下のように3つに区分し、理解を深めていきます。

 

1)伝統的なマネジメント会計(管理会計)
   ・経営計画・経営統制のための会計
2)展開期のマネジメント会計(管理会計)
   ・問題発見会計
   ・業績管理会計
   ・意思決定会計
3)現代のマネジメント会計(戦略会計)
   ・経営戦略の策定・遂行のための会計

 

 

■ マネジメント会計の本質

 

CVP分析やEVA、戦略的ポジショニング分析などの用語は耳慣れない方もいらっしゃると思います。

 

しかしここまで読み進めていただいた方は、マネジメント会計が「いわゆる経理部門の中の話」ではなく、資金の調達、研究開発、マーケティング、製品開発、購買、製造、物流、販売といった企業のあらゆる活動と密接な関連性があること、さらには経営にとって重要な役割を担っていることをイメージいただけたのではないかと思います。

 

次回は「マネジメント会計の基本編」として展開期のマネジメント会計を解説します。

 

 

◆◆用語解説◆◆

 

*1 CVP分析
損益分岐点分析。費用と製品の販売量の均衡点を探し、どのくらい販売すれば利益が出始めるかを求める。

 

*2 ROI
投下資本利益率。投下した資本に対して得られた利益の割合を示す。

 

*3 EVA
投下した資本に対して、一定期間にどれくらいの付加価値を生み出したかを把握する指標。

 

*4 価値連鎖分析
企業活動を機能ごとに分解し、それぞれの機能でどのような付加価値とコストが出ているかをとらえ、事業の効率化や競争力の強化を目指す経営手法のための分析。

 

*5 戦略的ポジショニング分析
持続的に競争優位を確保するために、コスト・リーダーシップ戦略、差別化戦略または集中戦略のうち、どの戦略を採用すべきかを決めるための分析。

 

 

【執筆:樋口 洋介/BBT大学院2013年9月 修了】
 
 



一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

特性要因図とも呼ばれる対象となる特性と影響を及ぼす種々の要因の関係を整理した図を何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP