BIZTIPS>BIZトピックス>「アカウンティング」講座を覗き見! ④マネジメント会計の基本編 ~問題発見から意思決定まで

BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2014/10/09配信分

財務

「アカウンティング」講座を覗き見! ④マネジメント会計の基本編 ~問題発見から意思決定まで

人画像
上部枠

「アカウンティング」講座第4回目だ!今回はマネジメント会計の基本編だ!前回に続き、マネジメント会計だが今回は問題発見会計から意思決定会計についての内容だ!

下部枠
矢印
熊画像
上部枠

マネジメント会計ってすばらしい仕組みですが、マスターするのに時間がかかりそうですね。

下部枠
矢印
人画像
上部枠

何事もコツコツとやることが大切だ!

下部枠
矢印

 

■アカウンティング■■■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 4.マネジメント会計の基本編 ~問題発見から意思決定まで
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

■ マネジメント会計の基本編

 

今回はマネジメント会計の基本編について解説します。
問題発見会計、業績管理会計、意思決定会計の順で理解を進めていきましょう。

 

 

■ 問題発見会計

 

財務諸表の分析を行うことで、問題を発見していきます。

 

分析は
 1.収益性
 2.安全性
 3.生産性
 4.キャッシュ・フロー
という4つの観点で実施します。

 

それぞれ指標と算定式がありますが、ここでは分析の方法論をおさえておきましょう。それは「分解する」と「並べる」です。

 

例えば収益性分析の1つに「売上高営業利益率」があります。これは企業の本業における収益力を判断することができる分析方法です。この指標を財務諸表の数字で算出すると、会社全体の収益力は把握できますが、括りが大きすぎるため「問題の発見」には至りません。

 

そこで
 ・部門別や事業別
 ・支店別や店舗別
というように売上高や営業利益を「分解」し、その単位で比率を算定します。さらに、月単位で分解するという切り口を加えることがあります。

 

また、算定した比率を単独で眺めても「問題の発見」は困難です。
そこで
 ・前期の実績や当期の予算と比較する
 ・月次の推移を見る
など「並べる」ことで、著増減や傾向を把握します。

 

分析で発見できるのは「問題があるかもしれない」という「兆候」です。このような「入り口」を基に、具体的に問題があるかどうか掘り下げていきます。これが問題発見会計の概要です。

 

 

■ 業績管理会計

 

一定以上の利益をあげるために「利益計画を策定すること」、それを基に「予算編成」を行い「予算統制」を行っていくこと。これが業績管理の会計です。基本的に短期(1年)の話です。

 

利益計画を策定するには、収益と原価の予測が必要です。収益については「営業量(販売量など)が増えれば、売上が増える」という単純なモデルを想定します。原価については変動費(営業量に対して比例的に増減する)と固定費(1年間、営業量に関わらず、固定的に発生する)の2つに分類します。

 

これらの要素により「どれくらいの営業量があれば、どれくらいの利益がでるのか」を分析します。「CVP分析」と呼ばれるこの方法を活用し、利益計画を策定します。

 

利益計画を基に、販売予算(月次、地域ごとの販売目標など)を編成します。決定した販売計画に基づき、製造予算を編成し、販売費や一般管理費についても予算を編成していきます。こうして出来上がった「予算」が、次の1年の企業活動において達成すべき目標であり、正式な「経営計画」です。

 

その後、月次で「予算と実績の比較」を行い、大きな乖離がある場合には、その原因を調査し改善していく「予算統制」を行います。

 

 

■ 意思決定会計

 

意思決定とは、企業が目標を達成するために、いくつかある代替案の中から最善策と思われるものを選択することです。意思決定には「業務的意思決定」と「設備投資の意思決定」があります。

 

業務的意思決定は「部品を外部から調達するか、自社で生産するか」、「顧客からの臨時の注文を引き受けるか否か」、「製品の価格をいくらにするか」というような短期的な決定をするものです。

 

設備投資の意思決定は、生産設備の新設、取替、廃棄に関するものです。中長期的なキャパシティを決定するものであり、この決定により、短期における「固定費」が決まることになります。

 

 

■ 今回のまとめ

 

「販売目標」や「予算と実績の比較」、「予算による統制」など、日常的な業務の中で目にしているものだと思います。これらが、「マネジメント会計」を構成しているものであることがイメージできれば十分だと思います。

 

次回はいよいよ最終回。
「マネジメント会計の応用編」として現代のマネジメント会計を解説します。

 

 

【執筆:樋口 洋介/BBT大学院2013年9月 修了】
 
 



一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

特性要因図とも呼ばれる対象となる特性と影響を及ぼす種々の要因の関係を整理した図を何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP