BIZTIPS>BIZトピックス>「コーポレート・ファイナンス」講座を覗き見!
     ④経営者が行う意思決定の基準 ~資金の運用3:資本コスト

BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2015/03/04配信分

財務

「コーポレート・ファイナンス」講座を覗き見!
 ④経営者が行う意思決定の基準 ~資金の運用3:資本コスト

人画像
上部枠

「コーポレート・ファイナンス」の第4回目だ!資金の運用の3つ目を解説していくぞ!苦手意識がある科目だが、だんだんくまおも分かってきたか?

下部枠
矢印
熊画像
上部枠

用語が難しいと思っていましたが、解説が分かりやすくてだんだん分かってきたような気がします。数字に強くなるって大事ですね。

下部枠
矢印

 

■コーポレート・ファイナンス■■■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 4.経営者が行う意思決定の基準 ~資金の運用3:資本コスト
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

■ 資金の運用~正味現在価値

 

会社は調達した資本を運用する際に「正味現在価値」で判断基準します。
正味現在価値を理解するためには、1:現在価値の計算、2:将来キャッシュ・フローの見積り、3:資本コストという3つの要素を理解する必要があります。

 

今回は最後の要素、3:資本コストについての解説です。

 

 

■ 資本コスト

 

資本コスト(加重平均資本コスト)は、
・「資金の調達」サイドで見れば、会社が資金調達に際して負担すべきコスト
・「資金の運用」サイドで見れば、会社が投資において最低限獲得すべきリターン
です。

 

それぞれ具体的に見て行きましょう。

 

 

■ 資金の調達サイドで見る資本コスト

 

会社は株主や債権者(銀行等)から資金を調達します。
株主や債権者は、資金を提供する替わりに、会社に対してリターンを要求します。それが配当や利息です。

 

株主や債権者にとって、当該会社への出資や貸付は、米国債の購入よりもリスクが高いので、当然米国債の利率よりも高いリターンを要求します。

 

さらに株主と債権者とでは、株主のほうがリスクを多く抱えています。
債権者は利払いと元本の返済が契約により約束されていますが、株主は利益が出た時にのみ配当され、出資は返還されません。
したがって、株主のほうが債権者より高いリターンを要求します。

 

これらが会社にとって、資金調達のためのコストです。

 

そして会社は資金を調達した株主や債権者から要求されるリターンを加重平均し、会社全体の資金調達に伴うコストを算定します。これが資本コスト(加重平均資本コスト)です。

 

 

■ 資金の運用サイドで見る資本コスト

 

上記のようなコストを負担して調達した資金を、運用します。
それゆえに、資金を運用する案件は最低限、株主や債権者から要求されるリターンを支払えるようなキャッシュを産む必要があるのです。

 

そこで、投資案件の割引計算を行う際に、加重平均資本コストを利率として使用します。そのようにして算定した正味現在価値に基づき、経営者は投資可否の意思決定を行うのです。

 

具体的には
・「正味現在価値がプラスであれば、資本コストを回収してなお、現金を増やすことができる案件なので実行する」
・「正味現在価値がマイナスであれば、資本コストすら回収できない案件なので実行しない」
という判断をします。

 

前回の「2年間で、土地を購入し、マンションを建て、それを販売する」案件では「5%」が資本コストに該当します。その結果、正味現在価値が2.5億円のプラスでしたから「株主に配当を支払い、債権者に利息を支払ってもなお2.5億円の現金が会社に残る」ということを意味します。
よって「投資を実行する」という判断をします。

 

複数の投資案件があり、資金に限界がある場合には、正味現在価値が大きい案件から優先的に実行します。

 

次回は最終回、資金の調達(負債政策)について解説します。

 

 

【執筆:樋口 洋介/BBT大学院2013年9月 修了】
 
 



一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

相互に重複がなく全体として漏れがないことを指すロジカルシンキングの基礎技術って次のどれ?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP