BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2018/06/25配信分

「メディア接触時間」をウォッチ!

 
今回は、「メディア接触時間」を取り上げてご紹介いたします。
 
先日、博報堂DYメディアパートナーズのメディア環境研究所が「メディア定点調査2018」における事例列分析レポートを発表しました。
 
同調査は2006年からの推移のデータが掲載されており、2018年のメディア総接触時間が396.0分(1日当たり、週平均)と過去最高を記録しました。毎年定期的に発表されているデータなので、ご覧になったことがある方も多いかもしれませんね。
 
ここ数年の調査結果から、テレビの接触時間の低下、携帯電話・スマートフォンの接触時間の増加などが指摘されていましたが、今回(2018年)の調査結果で、それらがどうなっているのか、性別、年代別に見た場合にどうなっているのか、実際に数字で確認してみたいと思います。
 

 
まずメディア総接触時間の推移を見てみると、2006年に335.2分でしたが、2018年には396.0分と約60分程度増加しています。
メディア別の内訳を見ると、テレビが2006年は171.8分でしたが、2018年には144.0分へと約30分減少しています。2006年時点でテレビに次いで接触時間が多かったのがパソコンで、2006年は56.6分で、概ね微増・微減をした横ばい傾向で、2018年には66.6分となっています。
一方、大幅に伸びたのが携帯電話・スマートフォンで、2006年に11.0分でしたが、2018年には103.1分と約90分増加しています。また、2006年時点ではカウントされていなかったタブレット端末の接触時間が2014年からカウントされるようになり、2018年時点で29.9分となっています。
 
パソコン、タブレット、携帯電話・スマートフォンのデジタルメディアの総接触時間は2006年に67.6分と全体20.2%の割合でしたが、2018年には199.6分と全体の50.4%と半分を占めるようになっています。
 
それでは、性別・年代別(2018年)の違いを見てみたいと思います。
 
男女別の傾向は、多少の違いがあれ度、概ねに多様な傾向を示しています。むしろ特徴的な傾向は、年代別によく表れています。
 
男女ともに、年齢が上がるほどテレビ接触時間が長くなっています。テレビ接触時間は、男性15-19才が98.9分、女性15-19才が103.4分、男性20代で86.2分、女性20代で129.2分ですが、男性60代で194.7分、女性60台で212.3分となっています。若者と高齢者とではテレビ接触時間に100分近い差があることが分かります。
 
一方、携帯電話・スマートフォンの接触時間は、年齢が上がるほど短くなっています。男性15-19才で159.5分、女性15-19才で165.4分、男性20代で188.9分、女性20代で188.7分となっています。高齢者層では男性60代で28.4分、女性60代で33.5分となっています。若者と高齢者の差は120分(2時間)以上の差があることになります。
 
このように年代別のメディア接触時間の違いを見ると、テレビ等の従来4マス媒体の情報の影響を受ける高齢者層と、スマホなどのデジタルメディアの影響を受ける若者層とで大きく異なることが分かります。
 
メディアの年代別の違いが大きくなっている状況は、世代間による意識の違いにも表れる可能性が高くなってきそうです。世論調査なども、こうした傾向を踏まえて反映することが大事になりそうですね。
 
 



一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
  • カテゴリーなし
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

特性要因図とも呼ばれる対象となる特性と影響を及ぼす種々の要因の関係を整理した図を何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP