BIZTIPS>BIZトピックス>「日本の国家戦略と税制」講座を覗き見!
     ②「失われた10年」の”本当の意味”を知る

BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2015/01/14配信分

経営戦略 財務

「日本の国家戦略と税制」講座を覗き見!
 ②「失われた10年」の”本当の意味”を知る

人画像
上部枠

「日本の国家戦略と税制」講座 第2回目だ!「失われた10年」はくまおも聞いたことがあるな。ではこの本当の意味について考えたことがあるだろうか?今回はこの意味について考えていこう。

下部枠
矢印
熊画像
上部枠

今では「失われた20年」と言われていますが、バブル崩壊が原因だと思っていました。違うのでしょうか?

下部枠
矢印

 

■日本の国家戦略と税制■■■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 2.「失われた10年」の”本当の意味”を知る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

■失われた10年の意味

 

皆さんは「失われた10年」という言葉を聞いたことがあるでしょう。高度経済成長を成し遂げた日本経済が、バブル景気の崩壊後、長期に渡って停滞したことをいいます。これは1990年代の10年間を意味するので、現在までの期間を指して「失われた20年」という人もいます。

 

では、なぜ「失われた10年」は起きたのでしょう。多くの方は、「失われた10年」をバブル崩壊の影響を受けた結果だと考えているようです。しかし、実はバブル崩壊は現象のひとつであって、原因ではないのです。

 

 

■東西冷戦と『壁』としての日本

 

終戦後、世界はアメリカを中心とした自由主義圏と、ソ連を中心とした共産圏に分かれて争いました。東西冷戦の時代です。この間、幸いにして世界的な戦争にはならずに済みましたが、世界は明確に二つに分かれ、小競り合いを繰り返しました。

 

アメリカの占領下にあって自由主義国家の一員となった日本には、冷戦下で一つの役割を与えられました。ソ連を封じ込めるための『壁』の役割です。日本はユーラシア大陸に対して縦に細長い島国です。もしソ連が太平洋に出てこようとすると、必ず日本の近海を通らなければなりません。

 

『壁』としての日本を強化するため、アメリカは1ドル360円という、輸出に極めて有利な為替レートを設定しました。これにより日本の輸出産業は大きな利益を上げ、目を見張る経済成長を遂げました。

 

つまり、東西冷戦を背景とした思惑のなかで、自由主義圏を守る壁としての役割を与えられ、「高下駄を履かされて」日本は復興し、成長してきたといえます。

 

 

■冷戦の終わり

 

しかし1970年代、東西の緊張緩和が進み、1980年代にはソ連が経済的に疲弊したこともあって、冷戦の意味合いは後退しました。そして同時に、日本の『壁』としての役割も後退し、むしろ強力になり過ぎた日本の経済力がやり玉に挙げられる時代になりました。そして1985年、プラザ合意を迎えます。

 

プラザ合意では世界的な為替レート安定化の協議が行われ、この日を境に1ドル240円だった為替レートが1年後には1ドル150円に高騰。日本の輸出産業は大きな打撃を受けることになりました。政府は急激な円高に対応するため、円売り・ドル買い介入を繰り返し行い、その結果、不動産や株式への投機が加熱してバブル景気をもたらしたと言われています。

 

 

■「普通の国」、そして新しい日本

 

東西冷戦という世界的な動きのなかで高下駄を履かされ、急激な成長を遂げた日本は、冷戦の終わりと共に「普通の国」になりました。高度経済成長時代に有効だった成長モデルが通用しなくなり、新しい方向性も見つからず苦しんだ時代、それが「失われた10年」だといえます。

 

では、この状況はこれからも続くのでしょうか。冷戦後の世界は大きく変わりました。世界を分けていた境界線は消滅し、経済のグローバル化が進みました。東南アジアを中心とした多くの国々は目覚ましい成長を遂げ、今や先進国に肩を並べつつあります。その世界の変化に、日本はやや取り残されてしまったといえるかもしれません。

 

しかし、我が国も世界の変化と成長を取り込み、繁栄する道があるはずです。歴史を学び今を学ぶことで、新しい日本を考え、それを実行する。それが日本の国家戦略となるのです。

 

 

【執筆:植田 秀史/BBT大学院2009年9月 修了】
 
 



一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

一定期間に国内で生産された商品・サービスなどの付加価値の合計のことをなんと呼ぶか?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP