BIZTIPS>BIZトピックス>「日本の国家戦略と税制」講座を覗き見!
     ⑥「平和のプロ」日本と「戦争のプロ」ベトナムの「未来」

BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2015/04/01配信分

経営戦略 財務

「日本の国家戦略と税制」講座を覗き見!
 ⑥「平和のプロ」日本と「戦争のプロ」ベトナムの「未来」

人画像
上部枠

前回の日本とベトナムの戦争に対する認識の違いをみたが、第6回目の今回は日本とベトナムの未来を考えてみよう!日本はベトナムと比べてどういった強みがあるだろうか?

下部枠
矢印
熊画像
上部枠

戦争を長らくしていない日本と戦争があることを前提と考えているベトナムでは何が違うのでしょうか?

下部枠
矢印

 

■日本の国家戦略と税制■■■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 6.「平和のプロ」日本と「戦争のプロ」ベトナムの「未来」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

第5回は、大武教授が最近書かれた『「平和のプロ」日本は「戦争のプロ」ベトナムに学べ』から、「平和のプロ」である日本と「戦争のプロ」であるベトナムの歴史に対する認識の違いをご紹介しました。

 

つまり、戦争のプロであるベトナムは、「歴史は勝者が作る」ということを強く認識しています。だから大きな犠牲を払っても勝利にこだわり、勝利することで自分たちの国や歴史を守ってきたという話でした。

 

 

■ 平和のプロ日本の強み

 

一方で、「平和のプロ」である日本には、ベトナムには無い強みがあります。
その一番の強みは、「人を信用する」ということです。

 

世界的にみて、日本人ほど他人を信用する国民はいないと考えられています。これを「騙されやすい」と考える向きも無くはありませんが、むしろ、70年以上に渡って戦争を経験することなく、経済発展させてきた日本は、自然と他人を信用し、一致団結して協力しあうことができる思想や風土を自然に持っていると考えるべきです。

 

これは「戦争のプロ」ベトナムと比較すると、とても大きな違いです。幾度となく戦争に巻き込まれたベトナムは、極限の状況で自分が生き残るために、他人を信用したり心配したりということをしません。信用できるのは自分と家族だけ。そのため、誰かと一致協力して何かをなし遂げるということが難しいそうです。ベトナムには「1対1なら日本人にも負けないが、4対4なら絶対に勝てない」ということわざがあるくらい、チームプレーが苦手とされています。

 

また、平和が前提の日本では、10年先、20年先のライフプランを、ごく自然に考えることができます。しかし、ベトナムの方に将来のことを聞くと3年くらい先までが限界で、それ以上のことが考えられないそうです。これは個人だけでなく、政府の政策においても同じで、中長期的なプランが欠けているといいます。正に平和のインフラがない、戦争のプロ故の課題です。

 

このように、日本とベトナムは対極的な特徴を持っており、お互いに無いものを持ち合っているということができるでしょう。

 

 

■ 日本とベトナムはどう協力できるか

 

では、未来を見据えて、日本とベトナムはどのように協力していけるのでしょうか。

 

ひとつは人材です。高齢化と少子化によって、今後日本の生産人口は急激に減少すると考えられています。特に土木作業員や左官、トビなど建設業や、介護などの医療分野、消防や自衛隊(国防)まで、体力のいる仕事を担ってくれる人が、これからどんどん減っていきます。

 

この問題を解決するためには、移民の受け入れが考えられます。しかし、闇雲に移民を受け入れていたのでは、治安の悪化など多くの問題を引き起こす可能性があります。

 

方法のひとつは、ある程度の技術やスキルを持った人を移民として受け入れるという政策です。特に、日本語が話せるかどうか、ということを基準に置く必要があります。

 

この点について、ベトナムでは日本語を学ぶ人が多く、ハノイ貿易大学にはビジネス日本語学科があります。日本語は英語、フランス語と並んで人気が高く、特に、日本語を学び、有名大学を出た人は、引く手あまたの状態です。

 

また、現在、ベトナムで建築・土木作業を教える専門学校の設立が進められていると聞きます。このような学校を出て、土木建築作業の技術を持ち、かつ日本語もできる人は、極めて貴重な存在と言えるでしょう。このようなベトナムの人に日本に来てもらい、活躍してもらうことは、日本にとってもベトナムにとってもメリットがある、Win-Winの方法と言えます。

 

ベトナムの人口構成は、きれいなピラミッド型をしています。若いベトナム人は、日本で働いてもいいという人も多いでしょう。日本とベトナムが交流を深めることで、お互いにないものを補い合い、未来に向けて相互に発展していく関係を作り出すことは、大変有用なことだと考えられます。

 

 

【執筆:植田 秀史/BBT大学院2009年9月 修了】
 
 



熊画像
上部枠

移民受け入れで協力できそうですね!
日本の仕事に馴染むことができれば理想です!

下部枠
矢印
一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

一定期間に国内で生産された商品・サービスなどの付加価値の合計のことをなんと呼ぶか?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP