BIZTIPS>BIZトピックス>「問題発見思考」を覗き見!
     ③問題解決者はロジックだけでなく人間力も問われる

BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2015/06/25配信分

論理思考

「問題発見思考」を覗き見!
 ③問題解決者はロジックだけでなく人間力も問われる

人画像
上部枠

「問題発見思考」の第3回目だぞ!
問題解決というとロジックを重視するが、それと同等なぐらい大切なものが、人間力だ!これがなんのことだか分かるかな?人間力がなければ真の問題解決者とはなれないぞ!人間力について今回は解説しよう。

下部枠
矢印
熊画像
上部枠

ロジックがあれば問題解決は十分だと思ってました… 人間力があるという人はどういう人なんでしょうか? …そういえば私はクマでした!

下部枠
矢印

 
■問題発見思考■■■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.問題解決者はロジックだけでなく人間力も問われる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
¶問題解決はロジックだけの世界ではない
───────────────────────────────
 
そもそも、なぜ問題解決を学ぶのでしょうか?
 
「問題を発見して解決策を導き出すため」というのは、もちろん正しいのですが、問題解決を学ぶのは、企業の業績を高めることなど、「本来ありたい姿に組織を変化させる」ためなのです。だからロジックだけの世界ではない事を、まずは理解してください。
 
 
¶大きな流れで考えると問題解決の理解が深まる
───────────────────────────────
 
問題解決は一連の取り組みが不可欠です。部分だけを実施しても成果は出ませんので、まずは、大きな流れで全体感を捉えて、理解を深めましょう。
 
具体的な取り組みは、以下のようになります。
 
最初に、全社(部門)が目指す達成目標を理解し、目標を達成する上での阻害要因となっている本質的問題を発見します。本質的問題は、多くの事実を収集して分析し、整理統合してまとめ上げ、論理的帰結として導き出されます。
 
本質的問題が発見出来ないと、今までと変わらない取り組みを行うことになりますので、いつまでたっても問題は解決しません。
 
次に、本質的問題から解決策を考えますが、企業の問題のレベルによっては、よりインパクトのある取り組みが必要になる時もあります。その場合は、もう一歩考えを進めて、さらなる成長機会を発見し、その獲得方法を考えます。
 
そして、解決策を具体的な実行計画に落とし込んで、取り組みを徹底的に行います。そのため、周囲を説得して仲間を作ったり、進捗度合いをチェックして気合いを入れることも必要になります。
 
問題解決に取り組み、成果が出るのは、活発なチーム活動の結果、体制や人が変化するからです。その変化が目に見える数値という形となって表れてきますので、上記の取り組みを徹底的にやることが大事です。
 
 
¶本質的問題は事実の積み上げから発見する
───────────────────────────────
 
本質的問題発見には勘所があります。まずは、以下の一連の勘所を理解して全体感をつかんでください。
 
提示された問題は、まず疑ってみます。本当にその問題認識が正しいのか、目的に戻って考えてみます。「なぜ?」と突き詰めて考えていくと、本質に近づいていきます。
 
本質的問題を発見するためには、情報やデータが必要です。それが良ければ良い分析ができますが、悪ければ悪い分析しかできません。ここをおろそかにすると後はありませんので、正しいデータを集め、事実に忠実になる事が大事です。顧客や社内のいろんな階層、部門の人の話に十分に耳を傾けたり、色々な媒体を活用しましょう。
 
集めた情報は膨大な量になりますが、共通項で整理して要約したり、重要度の高い順や時間の順序等を意識して整理していくと、「何が起っているか」が分かるようになります。
 
分かったことから「要は何か?」を考えます。「要は何か?」を一言で言う癖をつけて習慣づけることで、問題のあたりが付けられるようになり、仮説が作れるようになります。
 
正しい事を発見するとは、事実の積み上げから発見出来ること以外のなにものでもありません。
 
 
¶問題解決者の考え方を知り、その生き方をしてみる
───────────────────────────────
 
真の問題解決者になるためには、「事実に忠実」で「論理的に考えられる」ことが大事になりますが、それだけでなく、なんとしてでも実現させる「強い意志」を磨いたり、「仲間を作る力」や、目標を示して「仲間を導く力」を身につける必要もあります。
 
変革への取り組みは、社内の9割ぐらいの人が非協力的であり、その過程で必ず阻害要因が出てきます。阻害要因を排除して取り組みを行うために、「強い意志」と「仲間を作る力」や「仲間を導く力」が必要になります。
 
問題解決は、ロジックだけの世界ではありません。
 
論理的に考えられる事はもちろん大事ですが、それ以上に人間力を磨く必要があります。人間力がないと仲間を作れないからです。
 
このような問題解決者の考え方を、普段からちょっと意識してみてください。そして、真の問題解決者を目指して、あなたの能力と人間力を磨いていってください。
 
 
【執筆:村上 昌也/BBT大学院2015年3月 修了】
 
 



熊画像
上部枠

論理的に考える力と人間力ですか! 私の場合はくま力をつければいいんですね!

下部枠
矢印
一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

特性要因図とも呼ばれる対象となる特性と影響を及ぼす種々の要因の関係を整理した図を何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP