BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2015/09/30配信分

組織人事

「組織と経営」を覗き見! ④成員動機付け理論から学ぶ <1>

人画像
上部枠

やる気のない秀才君ネタも4回目だ! 今回は動機付けだ。くまおも聞いたことあるな? やる気のない秀才君の話を聞いてやる気がなくなったわけではないよな? 私もくまおを一流ビジネスベアにするために動機付けをしてやらないとな! 

下部枠
矢印
熊画像
上部枠

やる気はなくなってませんよ! 今回もばっちりです! やる気のない人に動機付けをするなんてどうやったらいいでしょうかね?一流ビジネスベアになるための動機はめちゃめちゃあります!

下部枠
矢印

 
■組織と経営■■■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.成員動機付け理論から学ぶ <1>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
¶命題:やる気のない秀才君問題を動機付けようと試みる
───────────────────────────────
 
前回まで、やる気のない秀才君たちを活かすためにどのような組織デザインをするべきか考えてきました。
 
でも、なんだか足りない。
 
優秀な経営者であるあなたは、こう考えました。
個々人の心の問題を抜きに組織図や組織のルールだけを考えても、本質的な問題解決にならないのではないか?
 
あなたは優秀な経営者なので、自分の経験や勘だけで考えても限界があることを知っています。
過去の研究や実践例から学ぶ必要があることも充分に理解しています。
 
そんなあなたは、心の動きをどうマネイジすべきか、大先輩の研究から学びたいと思うはずです。
 
 
¶「人間関係論」が注目された背景
───────────────────────────────
 
テイラー先生の科学的管理法がアメリカで大ブームになったのは1910年です。
1881年ころから設置され始めたビジネススクール(元祖MBA!)がひと通り出揃う頃であり、マネジメントとは経験や勘ではなく科学だ、という考え方が広く受け入れられ始めました。
 
そんな時代を経て、1924年から行われたのがホーソン工場の実験です。
オーストラリア出身でハーバードビジネススクールの先生のエルトン・メイヨー(1880‐1949)が途中参加し、まとめ上げました。
 
この実験はテイラーの科学的管理法の証明実験という性格もあったはずなのですが、思わぬ結果が導出され、テイラー先生を批判するムーブメントが起きてしまいました。
 
これを機に、マネジメントの主流は「人間関係論」に移行しました。
 
 
¶ホーソン工場の実験
───────────────────────────────
 
さて、本題です。
ホーソン工場の実験とはどのようなものだったのでしょうか?
 
この実験は、ある部品を6人の女性職員が組み立てる作業を通じて、作業効率の変化を観察する目的で、シカゴ郊外のウェスタン・エレクトリック社のホーソン工場で行われました。照明の明るさや休憩時間、賃金、湿度や温度、おやつ(!)などの条件によって、作業効率がどう変化するのかを知る目的でした。
 
メイヨーたちは、条件が良くなれば作業効率が上がり、以前の条件に戻せば作業効率も戻るだろうと考えていたのですが、わけのわからない結果が出てしまいました。
 
6人の女性グループは、照明が明るかろうが暗かろうが、休憩が多くなっても減ってしまっても、暑くても寒くても蒸しても乾燥しても、おやつが支給されようが急にそれがなくなろうが、実験が進めば進むほど、どんどん作業効率を上げていき、誰もが尊敬する熟練工に成長していったのです。
 
何故このような結果になったのでしょうか?
 
メイヨー先生によると、彼女たちは自分たちが実験に選ばれたことを誇りに思い、偉い先生方に常に観察されることで、ものすごくやる気が出たらしいのです!
 
良い条件になれば、当然今までより結果を出してやるぞ、と思い、条件を悪くされれば、そんなことに負けるものか、と頑張りました。
 
メイヨー先生はこの結果に鑑み、組織のドライバは、組織デザインやルールよりも人の心なのではないか?と提唱しました。
 
 
¶心の動きのマネジメントでやる気を出させる
───────────────────────────────
 
この実験は、手法や解釈によって異論や批判が多いそうですが、興味深いストーリー性と時代背景が重なって、かなり有名になりました。有名なマズロー先生の「欲求5段階説」が、仮説なのにも関わらずひとり歩きして有名になったのと似ています。マズローの仮説も、ストーリーとして非常に興味深いものですからね。
 
まだ証明されてなかろうが、異論があろうが、過去の研究や考察から学ぶことは多いはずです。
 
やる気のない秀才君たちを、優秀な経営者であるあなたは、いかに効率よく活用することができるか?
 
次回も引き続き、前述のマズロー先生を含めて、成員動機付け理論の紹介を続けていきます。
 
 
【執筆:佐藤 祐樹/BBT大学院2015年3月 修了】
 
 



熊画像
上部枠

なるほど!先人たちの事例から学ぶと今でも使えそうなものがたくさんありますね! もっと動機付けについて知っていかないと!

下部枠
矢印
一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

自社や外部環境の分析をすることによって、適切な目標を立てるために役立つフレームワークは?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP