BIZTIPS>BIZトピックス>「問題解決思考」を覗き見! 
    ①問題を解決するためにプロブレム・オーナーシップを育もう

BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2015/11/04配信分

論理思考

「問題解決思考」を覗き見! 
①問題を解決するためにプロブレム・オーナーシップを育もう

人画像
上部枠

さあ今回から「問題解決思考」を覗き見していくぞ! 問題発見ができたら解決しないとな!解決するにはどうしていったらいいのかを考えてみよう!

下部枠
矢印
熊画像
上部枠

問題発見からの解決ですね。 問題を発見できたらどうやって解決していったらいいんでしょうか?

下部枠
矢印

 
■問題解決思考■■■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.問題を解決するためにプロブレム・オーナーシップを育もう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
BBT大学院で学ぶ「問題解決思考(PSA = Problem Solving Approch)」は、当を得た解決策を立案・実行して問題を解決する手法です。
 
初回の今回は、平均的なマネジャーと、問題解決思考をマスターしたプロブレムソルバーとの違いを通して、問題解決思考の特徴を見ていきましょう。
 
 
¶経営の視点から最も本質的な問題にフォーカスする
───────────────────────────────
 
★平均的なマネジャー
———————————-
自部門の視点で問題解決を考える
 
☆プロブレムソルバー
———————————-
より高い経営の視点から最も本質的な問題にフォーカスし、その解決策を考える
 
 
平均的なマネジャーは、自部門の視点で問題解決を考えます。
これに対してプロブレムソルバーは、より高い経営の視点から最も本質的な問題にフォーカスし、その解決策を考えます。
 
 
¶複数の代替案を立案しファクトとロジックで徹底検証する
───────────────────────────────
 
★平均的なマネジャー
———————————-
勘や経験、人の意見等を頼りに解決策を考える
 
☆プロブレムソルバー
———————————-
複数の代替案を立案して、ファクトとロジックで徹底的に検証する
 
 
平均的なマネジャーは、勘や経験、人の意見等を頼りに解決策を考えます。
これに対してプロブレムソルバーは、複数の代替案を立案して、ファクトとロジックで徹底的に検証します。
 
客観的にファクトとロジックで検証された解決策は、説得力があって周囲から協力を得やすくなります。
 
反対に、主観的な解決策は、本当にそれで解決出来るのかどうか、説得力に欠けるので周囲の協力を得ることが出来ません。
 
また、プロブレムソルバーは、ひとつの解決策だけでなく、解決策実行後の変化を予想して、「こういう場合はどうするか?(What if)」という、複数の代替案を準備します。
 
なぜなら、実行してすぐに成果が出る事はほとんどなく、必要に応じて軌道修正できるよう、前もって準備しておく必要があるからです。
 
そのため、予想通りに推移しているか? そうでないなら、なぜだろうか?という事をデータを見ながら常に検証しています。
 
プロブレムソルバーは、ファクトとロジックに基づき、「こうすれば解決する」という案(仮説)をまとめ、その仮説が正しいかどうか徹底的に検証します。そして、再度、仮説を構築して軌道修正していきます。
 
 
¶「全ての問題は解決する」という強い信念を持って成果を出す
───────────────────────────────
 
★平均的なマネジャー
———————————-
分析・批判はしても困難があると成果を出せない
 
☆プロブレムソルバー
———————————-
「全ての問題は解決する」という信念のもと、成果を出すまでやり遂げる
 
 
平均的なマネジャーは、分析・批判はしても困難があると成果を出せません。
 
これに対し、プロブレムソルバーは、「全ての問題は解決する」という信念のもと、成果を出すまでやり遂げます。
 
ほとんどの場合、問題の根は奥深く、複雑で制約条件だらけです。だからこそ、中途半端な気持ちではなく、問題を「この私」が解決するという強い意志、つまり、プロブレム・オーナーシップが必要になります。
 
プロブレム・オーナーシップは、すぐに身に付くものではありません。しかし、そういう意志を持とうとしない限り、永遠に身に付くことはありません。
 
強い意志を持って、どんな問題でもファクトやロジックで検証を続け、問題解決に向けて粘り強く取り組む中で、プロブレム・オーナーシップが育まれていきます。プロブレム・オーナーシップが育まれていくにつれ、より大きな問題を解決出来るようになります。
 
 
これまで、見てきたようにプロブレムソルバーのベースとなる能力は、
 
1) プロブレム・オーナーシップ
2) ファクト・ロジックに基づく「仮説立案」、「仮説検証」のスキル
 
です。
 
これらの能力があるから、目に見える現象に振り回される事なく本質的問題を発見し、正しい問題意識を持つ事が出来ます。そして、ブレずに粘り強く、解決に向けて取り組むからこそ、成果が出るのです。
 
≪ 資料参照 ≫「問題解決思考(Problem Solving Approach)」とは
 
 
これから、このような問題解決思考のエッセンスを8回に分けてお届けしていきます。
 
全体で大きく2つの構成になっており、前半部分は【 基礎編 】、後半部分は【 実践編 】となっています。
 
第4回までの【 基礎編 】では、解決策の立案とその検証方法、実行までを解説します。
 
第5回以降の【 実践編 】では、事業戦略課題解決のための3種の神器や、問題解決思考を応用した新規事業立案の大まかな流れを解説します。
 
 
【執筆:村上 昌也/BBT大学院2015年3月 修了】
 
 



熊画像
上部枠

なるほど!平均的なマネジャーとは一線を画すということですね!これから楽しみです!

下部枠
矢印
一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

相互に重複がなく全体として漏れがないことを指すロジカルシンキングの基礎技術って次のどれ?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP