BIZTIPS>BIZトピックス>「問題解決思考」を覗き見! 
    ③仮説検証サイクルを回すたびに仮説の精度が高まる

BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2015/11/18配信分

論理思考

「問題解決思考」を覗き見! 
③仮説検証サイクルを回すたびに仮説の精度が高まる

人画像
上部枠

「問題解決思考」第3回目に入っていくぞ!今回は仮説の検証とはどういうものかみていこう! くまおも仮説の検証ぐらいは聞いたことがあるだろ?

下部枠
矢印
熊画像
上部枠

聞いたことはあります。仮説ですよね? 例えば「ケンイチさんはライザップに行けば痩せる」という感じですよね?

下部枠
矢印
人画像
上部枠

おいっ!そんなんじゃない!そんなことはいいから、どういうふうにやっていくのかみていくぞ!!

下部枠
矢印

 
■問題解決思考■■■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.仮説検証サイクルを回すたびに仮説の精度が高まる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
仮説とは名の通り仮の説であり、そのままでは解決策にはなりません。検証を行い仮説を見直して精度を高めていくことが大切です。詳しく見ていきましょう。
 
 
¶仮説は具体的で検証できることが大前提
───────────────────────────────
 
戦略的自由度ごとに、いくつかの有効なアイデアに絞り込めたら、そこから仮説を作っていきます。
 
仮説とはアイデアを具体的な数字に落とし込んだものです。また、主語・述語、目的語がはっきりしているという特徴があります。具体的には下記のようなものです。
 
 
☆重要な課題
—————————————–
飲食店の今期売上6%増大、30~40代の客数を20%増加
—————————————–
 
★仮説
—————————————–
スタッフを2名増やし、流行りを取り入れたメニューを10種類増やすと30~40代の客数が20%増加し、売上高が6%アップする。
—————————————–
 
数字が入っていて具体的な仮説は、何を検証すれば良いかが分かります。反対に抽象的な仮説は、検証もあいまいになり、検証しても何が結論かよく分かりません。
 
具体的な仮説になっているかどうか、必ずチェックするようにしましょう。
 
 
¶仮説の数字が妥当であるかどうか変化を予測して確認する
───────────────────────────────
 
妥当性を欠く数字をいくら検証したところで、仮説の精度は高まりません。
 
そのため、仮説を実行した場合、どのように変化するかを事前に予測して、数字の妥当性をチェックする事が大切です。
 
例えば、売上・収益等、数字の改善においては、ラフな仮定を置いて、P(Price:単価)、V(Volume:客数)、C(Cost:コスト)がどのように変わるか試算してみます。
 
仮説を実行したら、PVCのどこに影響が出て、最終的な営業利益はどう変化するのかを試算してチェックします。場合によっては仮説を見直す必要もあるでしょう。
 
仮説作成の過程において、数字はラフな仮定で構いませんが、その数字が妥当であるかどうかは確認するようにしましょう。
 
 
¶仮説検証サイクルを回す度に仮説の精度が高まる
───────────────────────────────
 
仮説ができれば、その仮説で効果があるかどうか、検証を行います。仮説検証は、2つの方法があります。
 
一つ目は、頭で考えてシミュレーションする机上検証、二つ目は、実際に施策の一部を小規模で実施してテストする実地検証です。
 
まずは、机上検証でうまくいくかどうか検証して、うまくいきそうなら実地検証を行います。
 
いずれの検証の場合も、事前に検証計画を立てます。何を調べれば仮説が検証できるかを表にまとめ、検証計画を作成していきます。
 
検証計画を漏れなく作成するために、3Cの視点で幅広く考えてみましょう。
 
検証すると、また新たなアイデアが浮かんできます。そこからまた仮説を作り、検証を繰り返していきましょう。そうすることで、仮説の精度が向上していきます。
 
 
¶ 普段から検証する習慣をつけると仮説検証の勘が養われていく
───────────────────────────────
 
しっかりとした検証計画を立てて、精度の高い仮説をだせるかどうかは、個人の力量によります。その力量をつけるためにも、普段から色々な事を検証する習慣を身につけていきましょう。
 
具体的には、ニュースに対してそれが本当かどうか検証してみる、また、自分の仕事に対しても検証計画を作成して、進捗をモニターして検証する、といった取り組みを行ってみます。
 
そのような地道な積み重ねで、仮説検証の勘が養われていきます。普段から仮説検証を意識して、仕事に取り組んでみてください。
 
 
【執筆:村上 昌也/BBT大学院2015年3月 修了】
 
 



熊画像
上部枠

仮説は具体的な数字を使って立てていくものなんですね! 現在からかけ離れた数字だと仮説の精度が上がらないということですか!

下部枠
矢印
一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

自社や外部環境の分析をすることによって、適切な目標を立てるために役立つフレームワークは?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP