BIZTIPS>BIZトピックス>イノベーション <実践編> 
     ②メンタル・ブロックバスター ~常識をいかに打ち破れるか!~

BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2016/01/13配信分

経営戦略

イノベーション <実践編> 
 ②メンタル・ブロックバスター ~常識をいかに打ち破れるか!~

人画像
上部枠

前回は紹介程度で終わった『イノベーション<実践編>』だが、今回から中身の部分に入っていくぞ! 常識を打ち破るにはどうしたらいいだろうか?事例を上げてみていくぞ!

下部枠
矢印
熊画像
上部枠

常識を打ち破る、ですか? 普通のことを考えていてはダメということでしょうか? 

下部枠
矢印

 
■イノベーション <実践編>■■■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.メンタル・ブロックバスター ~常識をいかに打ち破れるか!~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
『メンタル・ブロックバスター(James. L. Adams著大前学長訳)』において、Jamesは知覚、感情、文化、環境、知性、表現など、あなたの発想を邪魔する6つの壁があると説明しています。
 
例えば、「見にくい、選びにくい、買いにくい」、こんな店があったら行きたいと思いますか。これを敢えて実践した店があります。そう、これがドン・キホーテです。
 
見やすく買いやすく取りやすいのが普通の店ですが、その常識を覆し、客自らが商品を発見する喜びを味わい安いものを見つけてもらうようにしたのです。つまり、メンタル・ブロック (常識、偏見)を取り除いてたくさんの顧客を集客したのです。
 
では、どのようにしたらメンタルブロックを取り除くことができるのでしょう。
 
 

¶常識を疑ってみる!
───────────────────────────────
 
ダイソンのサイクロン掃除機は、当時使っていた掃除機の性能が低下することに不満を持ち、掃除機を分解。紙パックがゴミで目詰まりして吸引力を低下することを発見しました。
 
「掃除機の吸引力が落ちる原因の紙パックをどう改良するか」という常識を疑い、「永久に吸引力が落ちない」ことを目指し、5年にわたり試作品を5,000以上も作り続け、遠心分離の原理による世界初のサイクロン掃除機の開発に成功しました。
 
また、羽根のない扇風機も、「子供が手を入れたら危ない」という不満に注目して、いっそ羽根をなくすことはできないだろうかと考え、ハンドドライヤーから着想を得て、開発しました。
 
こういった常識はどこにもあります。常識があればチャンスだと思って、まずは身の回りにある常識から疑ってみましょう。
 
 

¶阻害要因を特定するには?
───────────────────────────────
 
いきなり常識を疑えと言われても困るものです。そこで、ヒントを出しましょう。日々の業務における「阻害要因」を考えるところから始めてみてはどうでしょうか。
 
例えば、売れない営業マンが自社商品の売れない理由を、「使っているときの商品の音がうるさいから」、「商品のサイズが今の顧客のオフィスにあっていないから」と言っているとします。
 
一方、売れる営業マンは、「確かに音はするが、仕事中はオフィスの中も騒然としているから気にならない」、「他社の商品と比べると、このクラスの機種の場合かえって自社のほうがコンパクト」と言っています。
 
つまり、売上が伸びないのは商品ではなく、売り方に問題があります。また、売り方が悪いのは、営業マンへのトレーニング不足なのです。これらのヒアリングにより、阻害要因を特定できるわけです。
 
 

¶アイデアをとにかく出して、あとは実践するのみ!
───────────────────────────────
 
阻害要因が特定できれば、ここからはアイデア勝負。ここでポイントなのは、似た者同士ではなく、様々なバックグラウンドをもつ人たちを集めて、阻害要因を排除するためのアイデアをブレストします。ここでは相手の意見を否定せずに、できるだけ多くのアイデアを出し続けます。
 
ある程度まとまったら、そのアイデアをカテゴライズして優先順位を決めます。
 
あとは、そのアイデアを実践。実践して仮説検証を繰り返して見直していくのです。
 
このように阻害要因を克服するには、プロセスがあります。「阻害要因の抽出」、「理想像の抽出 (阻害要因が一切ないとしたらどんな可能性があるか)」、そして「阻害要因を克服する方策の検討」です。
 
上述の営業マンの例でいえば、阻害要因は、営業マンのトレーニングであり、それを克服する方策は、売れる営業マンのナレッジを集約し、売れない営業マンへトレーニングするのが最善策である、というわけです。
 
次回は、「Economies of Scale ~スケールメリットで本業に集中!~」について解説します。
 
 
【執筆:丸山 昌宏/BBT大学院2015年9月 修了】
 
 



熊画像
上部枠

常識を疑ってみるということですね!それを見つけるには日々の阻害要因を探ってみることから始めるのがいいんですね!

下部枠
矢印
一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

相互に重複がなく全体として漏れがないことを指すロジカルシンキングの基礎技術って次のどれ?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP