BIZTIPS>BIZトピックス>イノベーション <実践編> 
     ⑧発想のレベルを変える ~高い視点で俯瞰して考えるには~

BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2016/02/24配信分

経営戦略

イノベーション <実践編> 
 ⑧発想のレベルを変える ~高い視点で俯瞰して考えるには~

人画像
上部枠

さて、イノベーション実践編も今回が最後だ! 発想のレベルを変えることを最終回では伝えていくぞ! くまおの発想のレベルはいかほどだろうか?

下部枠
矢印
熊画像
上部枠

私は過去7回で発想のレベルが変わってきたと思ったんですが、まだまだですね… イノベーションできるほどの発想ができるまで鍛錬ですね!

下部枠
矢印

 
■イノベーション <実践編>■■■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
8.発想のレベルを変える ~高い視点で俯瞰して考えるには~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
¶行き詰った時こそ、決断する立場に立って発想を!
───────────────────────────────
 
ある事業が赤字続きとなり行き詰ったとき、その担当の事業部長はコストカットもしくはイノベーションを徹底することで回復しようと考えることに対し、複数事業を管轄する役員は、売却するしかないと考えたとします。さらに、社長はその話を聞いて、ライバルに売却するくらいなら、清算したほうがいいと考えます。
 
そんなとき、担当の事業部長は、役員と社長の意見を簡単に受け入れられるでしょうか。自分の事業部を守ろうとするのではないでしょうか。
 
つまり、職位やレベルによって、考えが異なるわけです。その場合には、あらかじめ上のレベルで発想してみて自分が経営者もしくは財務をつかさどっているCFOならどう考えるか、「決断」する立場に立って常に打ち手を提案することが重要です。
 
 
¶日本人に欠けているのはリーダーシップ!
───────────────────────────────
 
GEで上級副社長、現LIXILの藤森義明氏は、日本人に欠けているのは、「リーダーシップ」とはっきり言っています。
 
「日本のリーダーシップというのは、ポジションで管理をしていくイメージ。自分の下にいる人をいかに管理して引っ張っていくか。アメリカのリーダーシップは違う。人に対してどれだけ影響力が与えられるか、が重視される。こうしたい、こうなりたいという自分のビジョンを示し、伝え、共感を生み、人を動かしていく。それは部下に限らない」
 
つまり、自分がリーダーならどう実現するのかを考え、行動する必要があり、そのためには高い視点で物事を俯瞰する必要があるわけです。
 
まずは、自分の仕事における目的とゴール、それを達成するためにどうするのかを考えたうえで、あなたが決断する立場なら、どう人に影響力を与えられるのか、成果につなげられるのかを考えてみてはいかがでしょうか。
 
 
¶要は、イノベーションを起こす思考とは何か!?
───────────────────────────────
 
イノベーションは、自分の知りうる範囲、自分が想像しうる範囲では生まれないと思います。絶えず、自分の限界を超える地点を目指す思考こそが、イノベーションの源泉ではないでしょうか。
 
「out of the box」。大前学長がマッキンゼー時代からクライアントに対して、繰り返し伝えてきた言葉です。
 
今回の連載で発想法の型をいくつかお伝えしましたが、実はこれこそが、皆さんを「the box」に閉じ込めてしまうことにもなってしまいます。
 
今は答えがない時代です。方程式に当てはめて正解を導き出せるなら競争原理は働きません。基本の型を知り、そこから如何に自分なりの型を創り出すかが、「イノベーション」講座で大前学長が伝えていたことです。
 
自分の限界を超えるような思考を持ち続け、その範囲を広げていくことこそが、「イノベーション」と言えるのではないでしょうか。
 
 
¶最後に
───────────────────────────────
 
今回、最終回となりましたが、いかがでしたでしょうか。今まで記載したイノベーションを実践する上での発想法を改めて列挙します。
 
1. イノベーションを実践するためには ~イントロ
2.メンタル・ブロックバスター ~常識をいかに打ち破れるか!
3.Economies of Scale ~スケールメリットで本業に集中!
4.どんぶりとセグメンテーション ~今、どの戦略を取り得る取るべきか?
5.感情移入 ~好きでなければイノベーションは生まれない!
6.コスト・投資の時間軸をずらす ~困ったら時間軸をずらしてみる
7.横展開 ~異業種の成功事例を見る~
8. 発想のレベルを変える ~高い視点で俯瞰して考えるには~
 
全8回にわたりお読み頂き、ありがとうございました。今回取り上げた企業の事例や発想法の考えなどは、大前学長の講義や講義中に学生がディスカッションしたものに加え、私の視点も交えながら記載させて頂きました。
 
イノベーションを身近なところから実践する上でのヒントとしていただければと思います。
 
最後に私の好きな言葉、アルベルト・アインシュタインの名言をみなさんにご紹介して締めくくりたいと思います。
 
「私は何カ月も何年も考える。99回、その結論は正しくないが、100回目に正しい答えを出すことができる」
 
 
【執筆:丸山 昌宏/BBT大学院2015年9月 修了】
 
 



熊画像
上部枠

基本の型を知って、そこからくまお流の型を作るということですね! 

下部枠
矢印
一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

特性要因図とも呼ばれる対象となる特性と影響を及ぼす種々の要因の関係を整理した図を何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP