BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2016/05/11配信分

255.6――これは何の数字?

 

●正解: TOEICの年間の受験者数は 255.6万人●

 

 

TOEICを運営する国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)は、2015年度の「TOEICテスト」受験者が255.6万人であったと発表しました。昨年から16万人増加しており、年々増加し続けています。TOEICテストは全世界共通問題ですが、日本人の平均点は512点で49カ国中40位。

 

日系企業で英語力をマストにする企業も年々増え、社内公用語を英語した企業もご存知かと思います。以下のようにTOEICスコア基準にしている企業も。

 

・新卒採用の足切り点
 850点:NTTコミュニケーションズ
 730点:ソフトバンク
 700点:ファーストリテイリング

 

・昇進条件
 800点以上:日立製作所(経営幹部)
 750点以上:楽天(上級管理職、又は部長クラス)
 730点以上:日本IBM(次長クラス)、住友商事(管理職)

 

これも一例にしか過ぎず、ある転職会社によるとTOEIC500点以上を必要する求人が、全体の6割というデータもあります。

 

 

では、英語力を上げるにはどの程度の時間が必要か!?
一般的に、大学を卒業して何もぜずそのままの人のTOEICスコアは350~450点。この450から850点までに上げるために、約1000時間と言われています。単純計算で1日3時間の勉強で丸1年かかります。

 

もちろん単純にかけた時間分英語力が上がる訳ではなく「戦略」が重要です。何の目的で学ぶのか?どこを目指すのか?どのように学んだらいいのか?中学・高校で英語の授業は約800時間、予習復習、受験勉強を含めると約1500~2000時間ほど費やしていますが、英語をうまく扱えません。

 

故 杉村太郎さんの英語学習に関する著書に、「あなたが草野球ではなく、メジャーリーグを目指すのなら、それに見合ったプロ意識のある戦略をとるべきである」と、記述されています。

 

これから真剣に英語を勉強される方はぜひ、読んでみてください!

 

 



一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
  • カテゴリーなし
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

一定期間に国内で生産された商品・サービスなどの付加価値の合計のことをなんと呼ぶか?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP