BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2016/06/01配信分

6――これは何の数字?<前編>

 

●正解: 「笑点」サプライズ人事!? 新司会者の春風亭昇太氏 6代目●

 

 

50年続く長寿番組「笑点」の6代目の司会者に抜擢された春風亭昇太氏。三遊亭円楽氏で決まりとの前評判を覆す人事に多くの関係者が度肝を抜かれました。プロデューサーは100年続く番組を目指し刷新を図ったようです。

 

5月29日(日)の放送では、初司会+新メンバー発表(林家三平)と相まって、前回を上回る28.1%と、同番組で今世紀最高の視聴率となりました。

 

通常でも20%近い高視聴率の「笑点」は、落語家が出演する大喜利です。大喜利はお題を与え回答者らが謎掛けや川柳の芸を披露する、元来は寄席の最後に出演者が余興的に行っていたものです。大喜利は、歌舞伎狂言の最後の演目を指す「大切り」に由来しているそうです。

 

一方、落語は文字通り話に「落ち」がつくことが特徴の伝統的な話芸で、能楽や歌舞伎と違い、ひとりで何役も演じ物語を進めます。体一つで、あたかも、その情景が浮かんでくる所作・動作、話術に魅せられている人は少なくありません。
 ◆落語はじめの一歩

 

翻って、現代のお笑いは漫才のように二人以上の掛け合いで「ボケ」と「ツッコミ」で構成されていますが、海外のお笑いではこの形式はほぼ見られません。海外から見ると日本の笑いは、体をはったバカバカしい(クレージーな)もの、例えば、たけし軍団の笑いのようなイメージが強いようです。

 

海外で日本のお笑いが受け入れらないのは、ボケとツッコミがないばかりか、日本人の文化や習慣ネタ(日常のあるある)、時事ネタ(流行り言葉やニュース)が多いので当然ですね。さらに「ツッコミ」の際に相方の頭を叩いたりする行為は、完全にご法度のようです。

 

「笑い」は世界共通ですが、笑いの形式は日本独自の進化(ガラパゴス化)をしているようです。<後編に続く>

 

 



一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
  • カテゴリーなし
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

特性要因図とも呼ばれる対象となる特性と影響を及ぼす種々の要因の関係を整理した図を何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP