BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2017/02/08配信分

712――これは何の数字?

 

●正解:短歌が若者の間でブーム!? 最古の短歌は712年の「古事記」に ●

 

 

「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日

 

出版されるやいなや、280万部のベストセラーとなった、俵万智の『サラダ記念日』。短歌の世界に鮮烈な衝撃を与えた同書は、1987年の出版から今年でちょうど30年が経ちます。

 

ホントの「サラダ記念日」はこの日じゃなかった!?

 

これまでの短歌のスタイルから解放された伸びやかな言葉に、まるで広告のコピーを読むような、それでいて自分の内面と対話してみたくなるような、そんな気持ちにさせられたことを覚えています。

 

さて、日本人は昔から「みそひともじ(31文字)」に想いを込めてきました。

 

記録が残っている最古の短歌は、712年の『古事記』ある、須佐之男命(スサノヲノミコト)の「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣を」であるとされています。

 

その後、平安時代に編纂された『古今和歌集』による文化としての確立、明治末期創刊の気鋭の機関紙『アララギ』などの時代を経て、『サラダ記念日』ブームに。

 

そして、インターネット、SNS時代になり、現在は若者の間に短歌ブームが到来していると言われています。

 

Twitterでは短歌を気軽に投稿できるサイトが登場し、多くのフォロワーを有するものも多数存在。形式にとらわれない自由なスタイルは、投稿の手軽さと相まってその裾野を広げているようです。幾つかのTwitterやサイトをチェックしたところ、投稿が「本日」という短歌も多数確認することができました。

 

角川短歌賞の応募者数推移によると、20代までの応募者は増加傾向にあり、2014年には全体の25%に上っていると言います。

 

言葉力を鍛えること、自分の気持ちに向き合うことは、ビジネスパーソンにとっても大切なこと。このブーム、みなさんもちょっと乗ってみませんか?

 

 



一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
  • カテゴリーなし
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

市場そのものは隆盛を続ける一方で外資に国内系企業が淘汰、買収されたりすることを何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP