BIZTIPS>BIZトピックス>『コーポレート・ファイナンス』を覗き見!
     ②企業は投資の価値判断をどうやっているのか

BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2017/04/12配信分

財務

『コーポレート・ファイナンス』を覗き見!
 ②企業は投資の価値判断をどうやっているのか

人画像
上部枠

さあ本題に入っていくぞ!『コーポレート・ファイナンス』の2回目だ! 企業は投資を行って事業活動をしているが、その価値判断はどうやっているのかわかるか?

下部枠
矢印
熊画像
上部枠

価値あるものに投資するということなんでしょうか?どうやって判断しているんでしょうか?

下部枠
矢印

 
■コーポレート・ファイナンス■■■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.企業は投資の価値判断をどうやっているのか
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
¶ 企業は投資の価値判断をどうやっているのか
───────────────────────────────
 
それでは、投資の意思決定について具体的に見ていきましょう。
 
街を歩いていると、オフィスビルやホテルの建設現場に遭遇する事があります。意外な場所にオフィスビルやホテルが建設されていて、変わりゆく街の外観に驚いた経験のある人も少なくないでしょう。
 
最近(2017年3月)、「星野リゾートが大阪に都市型ホテルを開業予定」というニュースがありました。
 
そのような意思決定は、どうやってなされているのでしょうか。
 
これらを理解するために、まずは、
 
 1) 利益とキャッシュの違い
 2) リスクとリターン
 3) 資本コスト
 
の3つを理解しておく必要があります。
 
 
¶ 利益とキャッシュの違いを明確に意識する
───────────────────────────────
 
まずは、利益とキャッシュの違いです。
利益は収入から費用を引いたもの、キャッシュとはお金の事ですが、どう違うのでしょうか。
 
利益は、商品を販売したり材料を仕入れた時点で、それぞれ売上や費用が計上され、それをもとに計算されます。
 
これに対してキャッシュは、実際のお金が入金・出金された時点で計上され、それをもとに計算されます。
 
投資の意思決定において、当然、儲けることは大切ですが、それ以上に、手元のキャッシュ残高が将来どう変化していくか、という事が大切になります。
 
どう大切かを理解するために、次の場面を想像してみてください。
 
ある企業に勤務するITエンジニアのA君は、知人のB社長から簡単なWEBサイトの作成を依頼されました。報酬は30万円で、副業としては悪くありません。
 
無事に仕事を終えたA君は、報酬30万円の使い道について、以前から気になっていた20万円のセミナーを受講することに決めました。20万円使っても手元に10万円残るので、何も問題はないはずです。はたしてA君の判断は正しいのでしょうか?
 
上記の彼の考え方は利益の考え方です。
利益だけで考えていると、思わぬ事態を招く恐れがあります。
 
A君は報酬をあてにして、セミナー受講費用を翌月末払いのクレジットカードで支払いました。
しかし、B社長の会社は、報酬を翌々月の末日に払っているとしたらどうでしょうか。このままでは、A君は20万円のセミナー受講費用を報酬で払えないので、どこからか用意してこないといけません。しかし、A君には用意できるお金がありません。
 
「支払条件を確認しないA君が悪い」で済ませることもできますが、これが会社だとどうでしょうか。会社は倒産してします。利益があるのにお金がない、いわゆる「黒字倒産」です。
 
コーポレートファイナンスを学ぶ皆さんは、利益とキャッシュの違いを明確に理解して、現時点から将来に向けてキャッシュの流れをイメージするクセをつけておきましょう。
 
 
¶ リスクとリターンのバランスを考える
───────────────────────────────
 
続いて、リスクとリターンです。
 
リスクというと一般的に損失等のネガティブなイメージを持っていますが、リスク=損失ではありません。将来どうなるか分からない状態(不確実性)をリスクと言います。その度合いが大きければ大きいほど、リスクは高くなります。
 
リターンは「投下した資本に対して得られた収入の割合」です。このリターンとリスクのバランスを考える事が、投資の意思決定にとても大切です。
 
 
¶ 資本コストは投資家が求めるリターン
───────────────────────────────
 
最後に資本コストです。資本コストは必要資金を調達する際のコストになります。
 
なぜ資金調達にコストがかかるのか、違和感を感じる方もいらっしゃるかもしれません。
 
投資家などの資金提供者は、無償でお金を提供するわけではありません。当然のようにリターンを期待して会社にお金を提供します。
 
会社からすると、これらのリターンは資金調達にかかるコストになり、これを資本コストと呼びます。
 
資本コスト以上のリターンが見込めないなら投資する意味がありませんので、資本コストは最低限獲得すべきリターンだと言えるでしょう。
 
 
【執筆:村上 昌也/BBT大学院修了】
 
 



熊画像
上部枠

リスクとリターンのバランスで判断しているんですね! ローリスクハイリターンな投資があるといいですが、そんなに世の中甘くないですよね!

下部枠
矢印
一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

自社や外部環境の分析をすることによって、適切な目標を立てるために役立つフレームワークは?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP