BIZTIPS>BIZトピックス>『コーポレート・ファイナンス』を覗き見!
     ⑤負債のメリット・デメリット

BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2017/05/02配信分

財務

『コーポレート・ファイナンス』を覗き見!
 ⑤負債のメリット・デメリット

人画像
上部枠

ファイナンスも理解できてきたか? 今回はあんまりイメージのよくない負債のメリット・デメリットを解説していくぞ! くまおも負債と聞くとやっぱりイメージは良くないよな?

下部枠
矢印
熊画像
上部枠

うーん。負債と聞くと借金というイメージがやっぱりありますね。メリットってどういったところにあるんでしょうか?

下部枠
矢印

 
■コーポレート・ファイナンス■■■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5.負債のメリット・デメリット
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
¶ より大きな投資ができる負債のレバレッジ効果
───────────────────────────────
 
前回は、資金調達方法(負債・株主資本)の違いについて見てきました。
 
ネガティブなイメージのある負債ですが、本当にネガティブなのでしょうか。
 
負債にもメリットがあります。
まずは、負債の持つメリットから見ていきましょう。
 
負債の一つ目のメリットは、レバレッジ効果です。
 
レバレッジとは「てこ(梃子)」の意味ですが、株主資本だけの時と比べて、負債を増やせば、「梃子」を使うようにプロジェクトに多額の投資ができるようになります。
 
私達が利用している住宅・自動車・教育などのローンも、レバレッジ効果です。手元に少額のお金しかなくても、お金を借りる事で住宅や車を買ったり、教育を受ける事ができます。
 
ただ、レバレッジは良いことばかりではありません。
 
前回の債権者と株主の違いでも触れましたが、負債に対する金利は、投資の成否にかかわらず発生します。
 
投資プロジェクトから思ったような収益が上がらなくても、金利は支払う必要があります。投資額が大きいと、想定外の損失も大きくなりますので、リスクが大きくなります。
 
また、株主や債権者に対しての信用も低下します。信用低下は資本コストの上昇を招き、資金調達が難しくなり、株主価値の低下を招きます。これらが負債のデメリットです。
 
負債のメリットであるレバレッジ効果だけでなく、デメリットのリスク認識をしっかりしておくことが大切です。
 
 
¶ 節税して債権者に還元する負債の節税効果
───────────────────────────────
 
もう一つの負債のメリットは、節税効果です。
負債を増やす事で、株主や債権者の最終的な取り分を増やす事ができて、企業価値の向上につながります。
 
なぜ、負債を増やすと、そういったことが可能になるのでしょうか。その秘密は、法人税にあります。
 
ここでポイントとなるのは、支払金利は経費として計上できるので、支払金利を払うと、その分法人税の課税対象額が少なくなるということです。
 
課税対象額が少なくなれば、当然、法人税の額も少なくなります。つまり、法人税の減額分を債権者に還元する事ができます。
 
どうしてこういう事ができるのか理解するために、損益計算書を思い出してください。
(説明に必要な項目のみ記載しています)
 
1) 営業利益
2) 支払金利  → 債権者の取り分
3) 税引前利益
4) 法人税等  → 国の取り分
5) 税引後利益 → 株主の取り分
 
上記のような順序で計算されるため、支払金利を払うと法人税を減額できる節税効果があります。
 
 
¶ 有利子負債はどこまで増やせるのか?(MM理論)
───────────────────────────────
 
今回は、負債のメリットとデメリットを見てきました。
そういった2つの側面を考慮した場合、自己資本に対して負債はどこまで増やせるのでしょうか。
 
もっと突き詰めて、企業で最適な資本構成、つまり、負債と株主資本の割合は何が最適なのでしょうか。
 
こういった問いに対するひとつの答えとして、MM(エムエム)理論があります。モジリアーニとミラーという二人の経済学者が発表した資本構成に関する理論です。
 
【MMの第一命題】
「完全な資本市場においては、企業価値は資本構成とは無関係」
 
完全な市場とは、すべての利害関係者が同じ情報を持っていて、税金も無くリスクも無い市場の事を言います。ただし、現実はそんなことはありません。株主、経営者等、みんなが同じ情報を持っているわけではありませんし、税金もリスクもあります。
 
言い換えると、最適な資本構成を考えるためには、市場にどのような不完全性があるかを理解する事が必要です。
 
次回で、詳しく見ていきましょう。
 
 
【執筆:村上 昌也/BBT大学院修了】
 
 



熊画像
上部枠

レバレッジと節税効果ですか!確かに投資をするときは先にお金が出ていってしまいますね。

下部枠
矢印
一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

一定期間に国内で生産された商品・サービスなどの付加価値の合計のことをなんと呼ぶか?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP