BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2017/08/28配信分

「世界のスポーツ選手所得ランキング」をウォッチ!

 
今回は、「世界のスポーツ選手所得ランキング」を取り上げてご紹介いたします。
 
今年8月にロンドンで行われた世界陸上競技選手権では、短距離走ウサイン・ボルト選手(ジャマイカ)のラストランということで注目を集めました。
 
最終的には、100m走では銅メダル、男子400mリレーではアンカーを務めましたが、途中で足を痛めて棄権という結果に終わりました。
 
とはいえ世界陸上男子100m走では過去3回の金メダルを獲得しており、オリンピックでも100m走で三連覇(北京、ロンドン、リオ)を果たし、9.58秒の世界記録を保持している史上最速のスプリンターであることには変わりません。
 
このジャマイカの英雄と言われているウサイン・ボルト選手ですが、陸上選手でありながら世界各種のスポーツ選手の所得と比べても遜色のないレベルにあります。
 
そこで今回は、世界のスポーツ選手所得ランキングを見てみたいと思います。
 

 
米Forbesでは”The World’s Highest-Paid Athletes 2017 RANKING” として世界のスポーツ選手の所得ランキングを公開しています。
 
2017年のランキングでは、クリスティアーノ・ロナウド選手(サッカー)が9300万ドルでトップ、2位がレブロン・ジェームス選手(バスケットボール)8620万ドル、3位がリオネル・メッシ選手(サッカー)8000万ドルとなっています。ウサイン・ボルト選手は3420万ドルで23位となっています。
 
同ランキングでは、上位100名まで掲載されていますが、陸上選手はウサイン・ボルト選手だけでした。
 
また、収入の内訳として、広告宣伝(CM出演等)収入と年俸・獲得賞金に分けて掲載されていますが、ウサイン・ボルト選手は、陸上選手としての年俸は220万ドルでしたが、広告宣伝収入が3200万ドルと圧倒的なウェイトを占めています。ちなみに、スポーツ選手としての広告宣伝収入だけでランキングを見ると9位とトップ10に入ってきます。
 
プロスポーツとして人気が高いサッカー、テニス、バスケットボール、野球などの選手が収入ランキングで上位に入っている中で、陸上選手が上位に食い込んでいるということからも、いかにボルト選手が素晴らしいアスリートだったのかということがわかりますね。
 
 



一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
  • カテゴリーなし
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

一定期間に国内で生産された商品・サービスなどの付加価値の合計のことをなんと呼ぶか?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP