BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2017/09/01配信分

経営戦略 論理思考

アパレル市場規模はなぜ2/3に縮小したのか?【大前研一メソッド】

熊画像
上部枠

国内アパレルの市場規模が縮小してますが、一体この業界はなんでここまで縮小してしまったんでしょうか? そんな中でも順調に推移している企業があったりとどういう構造をしているんでしょうか?

下部枠
矢印
人画像
上部枠

アパレル業界の市場規模が縮小の一途だな。そして不良在庫が大量に出ているというのもある。いろいろ問題を抱えている業界の構造などをみていくぞ!

下部枠
矢印

 

■ ビジネストレーニングの種 ■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『 国内アパレル市場規模が3分の2に縮小 』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

国内アパレルの不振が続いています。国内アパレルの市場規模は1990年代には15兆円を超えていましたが、2010年には約10兆円にまで縮小しています。

 

市場が3分の2に縮んだにもかかわらず、供給される衣料品の点数は増え続ける一方です。同時期に約20億点から約40億点に倍増しました。不良在庫の山⇒値下げのデフレ・スパイラルに陥っています。

 

【資料】アパレル・サプライチェーン研究会報告書p.6 - 経済産業省

 

国内アパレル市場で起きている変化について、ヴィーナスフォート(東京都江東区青海にある商業施設。99年開業)を経営した経験を持ちアパレル業界に詳しい大前研一学長に解説してもらいます。

 

 

■ 大前研一学長の見解 ■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『 アパレル業界を凋落させる、消費トレンドの4つの変化とは 』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

◆アパレルの凋落は、消費トレンドの変化と深く関係

 

売れない商品を量産する業界構造も問題だが、アパレルの凋落は消費トレンドにおける以下の4つの変化と深く関係している。

 

(1)「デート着」という「おめかし」カテゴリーの消滅

 

私がヴィーナスフォートを友人と構想・設計していた頃、伊勢丹新宿店の2階3階は「おばけフロア」と言われて、アパレル売り場に女性客が殺到していた。

 

しかしスタートアップに関わった10年間で、若い女性のライフスタイルは大きく様変わりした。当初のアンケート調査では、デートの際、女性は通勤着を駅のロッカーに入れて、トイレでデート着に着替えるのが一般的だった。

 

ところが10年後には、通勤着からデート着に着替える習慣がなくなった、というよりデート着という「おめかし」カテゴリーが消滅したのだ。

 

ジーンズにハイヒールのようなカジュアルな出で立ちで会社に行って、そのままデートも楽しむ。友達の結婚式に着ていくようなドレスや晴れ着はレンタルで十分だし、普段着は近くのユニクロやしまむらで買う――。

 

そんなライフスタイルに変わってきて、我々がデート着と想定していたブランドはまったく売れなくなってしまった。やむなく入り口近辺の店舗を通勤着にも使えるカジュアルなブランドに入れ替えた。女性用アパレルのカテゴリーが丸々一つ無くなった、ということだ。

 

ブランドの崩壊は世界的な現象だが、一番苦戦しているのは高級ブランドと手頃なファストファッションに挟まれたセグメントだ。

 

いわゆる「スペシャリティストア」と呼ばれるブランドで、国産アパレルメーカーもこれをつくって押し出してきたが、今や軒並み業績を落としている。ハイエンドのブランドほどの付加価値を与えられず、かといってファストファッションほどの値頃感もないこのカテゴリーは、消費トレンドから完全にはじかれてしまったのだ。

 

(2)消費行動がリアルから「ゾゾタウン」に代表されるサイバーにシフト

 

アパレル凋落の大きな原因になった消費トレンドの変化がもう一つある。ネット(Eコマース)と物流(宅配)の進化によって、消費行動がリアルからサイバーにシフトしてきたことだ。

 

例えばアパレルのオンラインショッピングサイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」。EC化率が低いアパレルにあって2004年開設のゾゾタウンは右肩上がりで業績を伸ばしてきた。最大の強みはブランドの豊富さ。取り扱いブランド数は今では3900以上で、人気ブランドも数多く集まっている。

 

一頃スペシャリティストアがこぞって地方都市に進出した時期があったが、リアル店舗の出店には自ずと限界がある。しかしECならば全国一斉、しかもフルラインアップで展開できる。近くに実売店がない地方のユーザーだって、スマホからゾゾタウンのサイトにアクセスして、豊富なブランドからワンストップでお気に入りのブランドの最新アイテムが買えるわけだ。

 

ファッションECのウィークポイントは「試着ができない」ことだが、着用したイメージが湧きやすいようにサイトの使い勝手を非常に工夫しているし、サイズが合わなかったり気に入らなかったりしたら、無料で返品できる仕組みもある。ゾゾタウンに出店しているショップのスタッフがコーディネート例を提案したり、「公認ユーザー」によるオリジナルコーディネートを発表したりといったユーザー目線のサービスも一役買っている。

 

いわばカリスマ店員がいるショップが手元にあるようなもので、スマホからの買い物に慣れ親しんだ若い世代からすれば、リアル店舗に行くよりよほど快適にショッピングできる。かくしてゾゾタウンに顧客が集まり、顧客が集まるから出店希望のブランドが集まるという好循環。リアル店舗が次々と消えていくアパレル業界で、ゾゾタウンの一人勝ち状態が続いている。

 

(3)「メルカリ」に代表される中古衣料流通市場の確立

 

他方、タンスやクローゼットにしまい込まれた中古衣料に光を当てて急成長しているECサイトがある。フリマ(フリーマーケット)アプリ最大手の「メルカリ」だ。

 

スマホを使って衣料品や雑貨などの個人の持ち物を売買するのがフリマアプリ。売りたいものをスマホで撮影して、フリーマーケットのように自分で値段をつけて出品するだけ。出品も購入もボタン一つで簡単にできる。メルカリは登録も出品も無料で、売買が成立した場合に販売価格の10%が販売手数料として徴収される。

 

これまでは要らなくなった衣類を古着店に持っていっても、二束三文でしか買い取ってもらえなかった。10万円で買ったブランド品だって買い取り価格は1000円がいいところだ。しかしメルカリでは自分で売値を設定できる。もちろん、売れなければ値を下げるしかないのだが、それでも元値の3分の1ぐらいで売れるという。3万円で買った服が1万円で売れるわけだ。メルカリを利用すれば高く売れるということでありとあらゆる品物が出品されて、その数は1日約100万件。そのうち約半数は24時間以内に捌けるというから驚きだ。

 

メルカリで服を買う人はゾゾタウンでは買わないし、ましてやアパレルのリアル店舗にも行かないだろう。ゾゾタウンやリアル店舗で3カ月前に「新着」で売っていた商品がメルカリに出品されるかもしれないからだ。それも3分の1の値段で。昔の人が神田の古書店をあさるような感覚で、今時の若者はメルカリをあさり、要らなくなったモノを出品する。不要品を二束三文で買い叩いてきた既存の古着店はじめリユース業者は、もはや商売上がったりである。

 

(4)「エアクローゼット」に代表されるファッションレンタルの流行

 

アイドル(空いているもの)の活用という意味では、寺田倉庫が出資・参画しているオンラインのファッションレンタル事業、「airCloset(エアークローゼット)」も先進的だ。

 

倉庫業のしゃれた事業と言えばセキュリティと湿温度管理の行き届いた倉庫に美術品やワインなどを預かる管理事業がよく知られているが、実はアパレルの商品を預かるケースも多い。寺田倉庫は預かった絵画や美術品を貸し出す運用事業に乗り出していて、そのアパレル版が「エアークローゼット」だ。

 

会員になると月額6800円(ライトプラン)でプロのスタイリストが選んだ服が月に3着1セットで届く。返却期限はなく、気に入らなかったらすぐに送り返してもいいし、気に入った服は買い取りもできる。返送料は無料だし、クリーニングの必要もない。すべて込み込みの月額だ。感想をフィードバックすれば、さらに似合う(であろう)服を見繕ってくれる。

 

おしゃれが苦手な女性や服選びに迷う女性、仕事や子育てで服を買いに行く時間が限られている女性にとっては福音のようなサービスだろう。実際大繁盛で、15年のサービス開始で会員数は10万人を突破、参画ブランドは300以上もあるという。

 

 

女性ファッションに関して、上から「よそ行き」「デート」「通勤」着という3種類のカテゴリーが存在したが、「デート」「通勤」着が集約され、カテゴリーが一つ消滅した。

 

これと連動し、ハイエンドとローエンドに挟まれた中間的なブランドの不振が続いている。このトレンドは日本市場だけでなく米国市場でも起きている。

 

米国ではアバクロ(Abercrombie & Fitch)やCOACHが苦しくなってきているのはそのあらわれだ。

 

つまり、ピラミッドストラクチャーにおいて、それぞれの階層ごとに各ブランドが特徴を出していれば売れた時代は終わり、中間的なブランドがごっそりなくなってしまう市場の変化が起きているのである。

 

 



人画像
上部枠

今回のポイントだ!
●国内アパレルの市場規模は1990年代には15兆円を超えていたが、今や10兆円を割り込んでいる。
●売れない商品を量産する業界構造も問題だが、アパレルの凋落は以下のような4つの消費トレンドの変化と深く関係している。
(1)「デート着」という「おめかし」カテゴリーの消滅
(2)消費行動がリアルから「ゾゾタウン」に代表されるサイバーにシフト
(3)「メルカリ」に代表される中古衣料流通市場の確立
(4)「エアクローゼット」に代表されるファッションレンタルの流行

下部枠
矢印
熊画像
上部枠

トレンドが大きく変わってきていることに業界がついていけていないところがあるんですね! 市場規模がまた拡大してくれるといいのですが。

下部枠
矢印
一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

自社や外部環境の分析をすることによって、適切な目標を立てるために役立つフレームワークは?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP