BIZTIPS>BIZトピックス>『デジタルマーケティング』を覗き見!
     ⑤DMPで目指す100人100色の精密マーケティング

BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2017/09/20配信分

マーケティング

『デジタルマーケティング』を覗き見!
 ⑤DMPで目指す100人100色の精密マーケティング

熊画像
上部枠

最近は個人的にしか通用しないような内容のメールなどが送られてきていますけど、これもデジタルマーケティングとやらでやられている施策なんでしょうか? マンパワーをかけて手打ちしているわけではないんですよね?

下部枠
矢印
人画像
上部枠

もちろん個人で手打ちをしているときもあるが、それだとさすがに時間がかかりすぎてしまう。データも膨大にある中で個人がやるのではさすが限界がきてしまうしな!デジタルマーケティングにもならないぞ笑 そこで今回はデジタルマーケティングの第5回目だ! 顧客に対してどのようにしたら購買意欲を上げるアプローチをしていったらいいのかみてみよう!

下部枠
矢印

 
■デジタルマーケティング■■■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5.DMPで目指す100人100色の精密マーケティング
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
¶ デジタルマーケティングの基本インフラ
──────────────────────────────
 
これまで、デジタルマーケティングの基本的な内容をお伝えしてきました。
今回は、デジタルマーケティングはどう行われているか、デジタルの中身に入っていきましょう。
 
マイクロモーメント時代に入り、顧客接点が増加しました。そして、顧客接点からデジタルの様々なデータが取れるようになりました。
 
企業は収集したデータを繋げて分析し、より深くお客様を知って、施策に落とし込むことができるようになりました。
 
データマネジメントプラットフォーム(DMP)は、デジタルマーケティングの基本インフラとなるもので、これなくしてデジタルマーケティングは成り立ちません。
 
DMPは、大きくPublicDMPとPrivateDMPという2つに分かれ、それぞれ用途が異なります。
PublicDMPは、広告配信のためのDMPです。DMPツールベンダーが持っている第三者のデータで自社データを補完します。
 
そして、ターゲットとなるユーザーの属性やセグメントのデータを活用して広告を配信します。
 
ネットを見ていると、自分の属性に合わせた広告がよく表示されるという経験が、みなさんもあると思います。そのような広告を配信するのがPublicDMPです。
 
それに対し、PrivateDMPは、企業が自社で蓄積したデータを格納し、それを利用するDMPです。
 
ビッグデータと呼ばれるソリューションが具現化したものです。
 
 
¶ 100人100色の精密ターゲティング
──────────────────────────────
 
DMPによって企業が目指していることは、100人100色の精密ターゲティングです。
 
これまでもデータを分析することはしていましたが、一度に多くの人にアプローチするチラシ的コミュニケーションがとられていました。
 
DMPを活用すると、一人ひとりのお客様をより深く知ることができるので、個別対話コミュニケーションが可能になります。
 
そのために、DMPでは、データを多くの切り口で組み合わせることで、より正確に、個人を軸にデータを可視化できます。
 
また、ユニークなIDによって個人ベースで様々な行動や情報を紐づけることが可能です。
広告データやソーシャルデータ、WEB行動ログデータ、購買・会員データなど、様々なデータを個人ベースで確認できます。
 
DMPを使うとこのような事が可能になるので、より深くお客様を理解できるようになるのです。
 
 
¶ DMPの活用事例
──────────────────────────────
 
それではDMPの具体的な例を見ていきましょう。
 
最初は、あるA社の事例です。
 
A社はCMSシステムを使って、WEB上でコンテンツを提供しています。
 
ここにDMPを組み合わせると、サイト訪問者が新規会員なのか、既存会員なのかが特定できるようになります。
 
そして、サイト訪問者によって適切なコンテンツを提供し、その効果を分析できるようになります。
 
試験的に、既存会員だけに特定のWEBページを見せてその効果を分析する、といった事ができるようになります。
 
分析して検証し、修正していくことで、コンバージョンのカギとなる商品情報などのページへの流入を増やし、最終的にコンバージョン数を増加させることができます。
 
 
次は、あるB社の事例です。
 
B社は、CRMシステムで会員の属性と売り上げ貢献度を管理しています。
 
また、Marketing Automationシステムでメールを配信しています。
 
ここにDMPを組み合わせると、データ分析結果をもとに会員をセグメント化し、それぞれの層に適したメルマガを配信できるようになります。
 
例えば、売上貢献度の高いロイヤルカスタマーには新着情報をいち早く届けます。
 
また、売上貢献度の低いアセットカスタマーについて、その中でも売上貢献度向上が見込めない層にはメール送信の頻度を抑えるなどの施策ができるようになります。
 
「画一的な内容を繰り返して送る」というチラシ感覚のメルマガ配信から脱却することで、メールのSPAM化を防ぎ、開封率や開封からの流入率を飛躍的に向上させることできます。
 
 
【執筆:村上 昌也/BBT大学院修了】
 
 



熊画像
上部枠

画一的なやり方から脱却して、あなたのためですよとアプローチすることでさらに買ってもらえるということなんですね!

下部枠
矢印
一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

相互に重複がなく全体として漏れがないことを指すロジカルシンキングの基礎技術って次のどれ?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP