BIZTIPS>BIZトピックス>スー・チー氏のノーベル平和賞は偽物だったのか?【大前研一メソッド】

BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2017/10/13配信分

グルーバル感覚

スー・チー氏のノーベル平和賞は偽物だったのか?【大前研一メソッド】

熊画像
上部枠

ノーベル平和賞を受賞したアウン・サン・スー・チーさんの国で民族迫害が起きているようですが、こういった問題が起きても解決できないのはなんでですかね? 平和で民主的な国をということだったような気がしますが…

下部枠
矢印
熊画像
上部枠

ロヒンギャがテロを起こしているということから発展した問題のようだな。スー・チー氏に解決してもらいたいところだが、なかなか踏み切れないようだな。この問題の解決策を考えてみるぞ!

下部枠
矢印

 

■ ビジネストレーニングの種 ■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『 ミャンマーがロヒンギャを迫害、ミャンマー国民も迫害を支持? 』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

「ミス・ユニバース」ミャンマー大会で2位に入賞し、「ミス・グランド・ミャンマー」の称号を与えられたシュイ・エアイン・シーさんがロヒンギャを批判する動画をフェイスブックに投稿後、称号を剥奪されました。

 

「ロヒンギャの武装集団は大規模な攻撃を仕掛けているのに、メディアを利用し、自分たちが抑圧されているかのように見せ掛けるのに成功している」とシーさんが主張したものです。

 

これに対し、ミャンマーのSNS上ではシーさんの行動を擁護したり、「ミス・ユニバース」の主催者を非難したりする投稿が多くを占め、ロヒンギャに対する迫害が続いています。

 

ロヒンギャの問題について、大前研一学長に解説してもらいます。

 

 

■ 大前研一学長の見解 ■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『 ロヒンギャ、迫害を受け、隣国バングラディシュに避難 』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

◆ロヒンギャのミャンマー帰還を受け入れるも、国籍は与えず

 

ロヒンギャはミャンマー西部のラカイン州に住むイスラム系の先住民族。約80万人と推計されるが、この8月にロヒンギャの武装集団が警察施設などを次々と襲撃したのをきっかけに、ミャンマーの治安部隊が掃討作戦を開始し、この影響で女性や子供を中心に40万人以上のロヒンギャ難民が隣国バングラデシュに逃れている。

 

同国の実質的トップであるアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相は9月19日、首都ネピドーで演説し、ロヒンギャ難民について「帰還を希望する人の身元確認手続きをいつでも始める用意がある」と語り、国内帰還を受け入れる考えを示した。

 

ロヒンギャ迫害に対する国際社会からの批判も高まり、国連も掃討作戦を「民族浄化」と呼ぶなど非難した。スー・チー氏の演説は英語で行われ、非難を強める国際社会を強く意識したものとなった。

 

その一方、仏教徒が多数派を占めるミャンマー国民のロヒンギャに対する反感は根強い。ミャンマー政府もロヒンギャを国民と認めていない。帰還が始まれば、国民の反発を招く恐れもある。

 

そんなことも意識したのか、スー・チー氏は「帰還を希望する人の身元確認の手続きを」とは語ってはいるものの、「パスポート(国籍)を与える」とは言っていない。

 

◆ミャンマー人としての国籍をロヒンギャの人たちに与えよ

 

この深刻なミャンマーの問題は、ロヒンギャの人たちがミャンマー人として国籍を与えられるところまでにならないと解決しないだろう。「ロヒンギャはイスラム教徒だから」と、“劣勢民族”の扱いをしているかぎりは何も進まない。

 

ミャンマーは複合民族国家で、ビルマ人が人口の3分の2を占め、1割以下のシャン人、カレン人、ラカイン人、中国人、インド人…と続く。いくら「ビルマ人1強」といっても、複合民族国家という視点に立たないかぎり、うまくいかないだろう。

 

例えばマレーシアはイスラム教を信仰するマレー人が多数を占めているが、中華系移民やインド系移民などもいる。かつては先住民が迫害されていたこともあるし、裕福な華僑を妬んで殺害事件が起こったこともある。

 

それがマハティール氏が首相の頃にブミプトラ(土の子)政策として貧困層の多かったマレー系を雇用や住宅などで優遇し、結果的には民族紛争は今のところ起きていない。複合民族国家として、お互い、宗教や生活様式を尊重して共生するようになったからだ。

 

また、中国でも、国民の90%を占める漢民族のほかにウイグル族、朝鮮族、満州族、モンゴル族など100以上の少数民族がいるが、いちおう中国人ということにしている。朝鮮族などの区分はパスポートに小さく書かれている。

 

 

マレーシアや中国のような複合民族国家として、ミャンマーもお互い、宗教や生活様式を尊重して共生しなければいけない。

 

ミャンマー人としての国籍をロヒンギャの人たちに与えることができないなら、スー・チー氏はもう政治にからむのはやめて、「軍事政権から民主政治に移行」の象徴となり、そのまま退くべきだと私は思う。

 

ノーベル平和賞まで取った彼女がトップにいると、世界の人たちは「ミャンマーは平和で民主的な国になった」と誤解する。平和で民主的な国を治める力が彼女にないのであれば、早いうちに「ない」ということを自他ともに認めたほうがいい。

 

 



人画像
上部枠

今回のポイントだ!
●ミャンマーの治安部隊が少数民族ロヒンギャを掃討している。
●複合民族国家として、ミャンマーは民族がお互い、宗教や生活様式を尊重して共生しなければいけない。
●平和で民主的な国を治める力がスー・チー氏にないのであれば、早いうちに「ない」ということを自他ともに認めたほうがいい。

下部枠
矢印
熊画像
上部枠

結局スー・チー氏には平和で民主的な国家にすることができなかったということなんですか。残念です…

下部枠
矢印
一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

特性要因図とも呼ばれる対象となる特性と影響を及ぼす種々の要因の関係を整理した図を何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP