BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2017/11/15配信分

9――これは何の数字?

 

●正解: ルーブル美術館分館がアブダビに! 2015年ルーブル来場者数は約9百万人●

 

 

先日、あの仏ルーブル美術館の初の海外別館がアブダビにオープンしました!
その名も「ルーブル・アブダビ」。

 

これは、フランスの油田権益を確保したいという考えと、UAEの石油に依存しない観光産業を確立したいという考えが合致し、2007年には同館建設の合意に達していた背景があります。

 

ルーブル初となる海外別館という点でも驚きですが、その内観の美しさも驚きに値します。特にドームの天井の造形が素晴らしく、時間帯によって館内に差し込む光が変化する、幾何学的なデザインとなっています。

 

またそのデザインは「ヤシの木からの木漏れ日」をモチーフに造られたようです。バズワードの「インスタ映え」の観点からしても、世界中のインスタグラムユーザーから注目の的になるのは間違いないですね。

 

ルーブル・アブダビのHPはこちら

 

 

さて、本館であるフランスのルーブル美術館には、どのくらいの来場者がいるのでしょうか?このデータによると年間で約900万人が来場していることがわかります。いわずもがな、世界トップに君臨していますね。

 

世界の美術館の入場者数(2015年)

 

 

2位は大英博物館ですが、1位のルーブルとの差がだいぶ開いています。こうやって数字で眺めてみることで、やはり想像通り、観光リソースとしての注目度のレベルの高さが伺えます。

 

なお日本の美術館は…というと、17位に東京都美術館、そして20位に国立新美術館がランクインしています。データが集計された2015年には、前者の東京都美術館では「モネ展」がたいへんな盛り上がりを見せ、約3ヶ月の会期中に76万人の入場者数を記録しています。

 

同年集客数の約3割を一つの展覧会で稼いでいることとなりますね。業界が企画勝負の世界であることが垣間見えます。

 

はたしてルーブル・アブダビの来場者数はどこまで伸びるのでしょうか?
今後の動きに注目です!

 

 



一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
  • カテゴリーなし
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

市場そのものは隆盛を続ける一方で外資に国内系企業が淘汰、買収されたりすることを何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP