BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2017/11/22配信分

11 ――これは何の数字?

 

●正解: 米MLB挑戦決定!大谷翔平選手の会見は2017年11月11日午前11時●

 

 

2017年11月11日午前11時、北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手が今オフに正式にアメリカのMLB(メジャー・リーグ・ベースボール)に挑戦することを表明しました。

 

大谷選手は岩手県の花巻東高校時代から多くの注目を集め、当時は高校卒業後すぐの渡米も検討していました。一時はMLBへの挑戦を表明していましたが、最終的には北海道日本ハムファイターズへの入団となりました。

 

入団後の活躍はまさに規格外の一言。プロ野球選手の中でもごく一部の選ばれた人のみが到達できる高みに投手と野手という全く異なるプレースタイルで結果を残し、自身のアイデンティティである「二刀流」を確立しました。

 

投手と野手の両方での圧巻の活躍はまさに漫画の中の主人公のようであり、多くの人を魅了してきました。

 

しかし、大谷選手もはじめからこれだけの活躍ができたわけではありません。
多くのプロ野球のOB達も二刀流がプロの世界で通用するかは懐疑的でした。
それでも、わずか5年間のプロ生活の中でこれだけ多くの記録や結果を残せたのは、それだけの準備をしてきたからと言えるのではないでしょうか。
それは、遮二無二に努力をしたからではなく、自身で「目標」を設定して、達成するために何が必要なのかを考え行動してきたからです。

 

例えば、高校時代には、
「日本一になる」
「日本人最速となる163km/hを記録する」
「ドラフトで菊池雄星を越える8球団から1位指名を受ける選手になる」
(※菊池選手は大谷選手の高校の先輩)
という目標を掲げていました。

 

ただ単に目標を掲げたからといってそれが実現できるわけではありません。
上記の三つの目標はいずれも達成することが困難なものばかりです。

 

では、目標を立てるだけでなく、どうすれば良いのかというと、そこから更に目標を細分化して、日々の自分自身の行動へと落とし込んでいたのです。

 

あなたもビジネスにおいて目標があるのではないでしょうか。
では、その目標に対して、
・今日は何をしましたか?
・今週は何をしましたか?
・今月は何をしましたか?
もし、これらの質問に答えられないのであれば、残念ながらあなたの目標が達成されることは難しいかもしれません。

 

我々を取り巻くビジネス環境は日々激しく変化しています。そんな中でも会社としてもまた、個人としても目標を達成するためには、その要素を細分化して日々の行動に落とし込むことが必要です。

 

ありえないぐらい高く感じるハードルでも、一歩ずつ前に進むことで、確実に目標に近づくことができるのです。

 

これから先、大谷選手が世界最高峰のMLBという舞台でどんな活躍をするのか楽しみですが、それと重ね合わせて、目標を達成しているご自身の姿を楽しみにしてはいかがでしょうか。

 

 



一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
  • カテゴリーなし
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

特性要因図とも呼ばれる対象となる特性と影響を及ぼす種々の要因の関係を整理した図を何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP