BIZTIPS>BIZトピックス>ミシュラン星付きを呼び込んで、茨城は魅力度最下位常連を脱せよ【大前研一メソッド】

BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2017/12/01配信分

グルーバル感覚 経営戦略

ミシュラン星付きを呼び込んで、茨城は魅力度最下位常連を脱せよ【大前研一メソッド】

熊画像
上部枠

都道府県の魅力度ランキングが発表されて、またしても北海道が1位でしたね。最下位も固定されてるんじゃないかと思ってしまいましたが、また茨城県になってしまいましたね。ひたちなか公園とかもあるのになんで茨城県がいつも最下位なんでしょうか?

下部枠
矢印
人画像
上部枠

このランキングはなかなか疑わしい。本当に地元の人たちがそう思っているならいいのだが、どうもイメージで決められている感が否めない。私の実感も交えて、茨城県が最下位を脱出するにはどうしたらいいのか考えてみるぞ!

下部枠
矢印

 

■ ビジネストレーニングの種 ■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『 「都道府県魅力度ランキング」上位と下位の順位が固定化 』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

民間調査会社「ブランド総合研究所」がまとめた2017年度の「都道府県魅力度ランキング」で、1位は北海道、2位は京都、3位は東京となりました。

 

20~70代の約3万人以上を対象に、47都道府県の魅力度や認知度を調査したものです。上位ランキングの北海道、京都、東京はここ数年間固定化しています。一方、最下位は茨城が常連となっています。

 

趣味のバイクで全国を駆け巡る大前研一学長が、自身の肌感覚とこのランキングとの乖離を語ります。

 

【資料】地域ブランド調査2017 都道府県ランキング

 

 

■ 大前研一学長の見解 ■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『 県外の人の固定観念が、実体とランキングを乖離させている 』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

◆ランキングに、県外の人の固定観念が色濃く反映?

 

北海道は、調査を開始した2009年から9年連続で1位だが、地元の人はそうは思っていないのではないだろうか。

 

私は昨年、北海道をぐるっとバイクで回ったが、札幌を除くと食事はあまり美味しくなかったし、冬は地獄の寒さだ。帯広でスノーモービル、ニセコなど10カ所近いところでスキーをしたが、ニセコ好きの中国の人に対しては、「越後湯沢のほうが、はるかにいいよ」と言ってやりたかった。湖やいくつかの火山は見事なものだったが。

 

一方、東北は宮城の13位が最高で、青森17位、秋田24位、岩手、福島がともに34位、山形38位と昨年より順位を下げ、全般的に下位の県が多い。私は今年、お盆の休暇を利用して東北各県をバイクで2950kmも走破したが、食事や酒はどこも美味しかった。もちろん、北海道にも良いところはあるが、「東北に比べて北海道がダントツでいい」なんてことは私の経験上ありえない。

 

例えば、青森・岩木山(津軽富士)は弘前側から見ても、五所川原側から見ても、夢みたいにきれいだった。私のようなバイク野郎から見れば八幡平や鳥海山もすばらしいライディングスポットだ。

 

このランキングは県外の人のイメージが強く出ていると思う。沖縄は魅力度4位だが、沖縄県民はランキングがそんなに上位に位置する県だとは思っていないはずだ。

 

◆ランキング最下位常連県・茨城の最下位脱出策

 

そんな中、茨城は調査を開始した2009年以来、ほぼ最下位が定着しており、5年連続で最下位となったが、これも茨城以外の人のイメージが強い。今年放映されたNHKの朝の連続テレビ小説「ひよっこ」のヒロインが茨城出身という設定だったこともあって、それを追い風に、ロケ地になった県北部の6市町が「茨城県北『ひよっこ』推進協議会」を設立するなど攻勢を仕掛けたが、結果に結びつかなかった。

 

このランキングは地域の課題なども浮き彫りにしており、知事たちも気にしている。実際、知事のトップセールスにも影響を与えている。

 

この夏初当選した茨城県の大井川和彦知事も最下位脱出に向け、「新たな発想や切り口でPRできる魅力の掘り起こしや情報発信の強化に取り組む」とコメントしている。

 

【資料】魅力度ランキング、茨城県が5年連続最下位

 

茨城は、私がかつて日立製作所の社員として住んでいた県だ。確かに魅力は乏しいように思えるが、マイワシやサバなどの海産物、ピーマンや白菜、レタス、ナス、レンコン、メロンなどの農産物、そして鶏卵、豚などの畜産物に出荷量で日本トップクラスのものが多く、おいしさにおいても、日本でも有数だと思う。

 

そこで、私は以前から、美食の街として世界各国から旅行者が押しかけているスペイン・バスク地方のサン・セバスチャンを参考に、世界的な料理人を何人か呼んで、茨城の1都市を地産地消の美食の街にして売り出すことを提案している。ミシュラン・クラスのレストランがいくつかあって、あとはおいしいものと酒を飲ませる一杯飲み屋が並ぶ街をつくるのだ。

 

そうしてイメージを上げていけば国内外の来県客も増えるだろう。

 

 

ランキング最下位が続き、「魅力に乏しい」という悪いイメージが茨城に定着してしまうと、せっかくのいい素材も、ほとんどが築地などに持っていかれてしまう。「おいしい物を茨城に食べに行こう」という人はいなくなってしまう。

 

鍵は食材ではなく、料理人の確保だ。茨城の1都市を地産地消の美食の街にして売り出し、おいしい料理の食い歩きを前面に出してPRすることが最下位を脱出する突破口になる。

 

 



人画像
上部枠

今回のポイントだ!
●民間調査会社の魅力度調査で、調査を開始した2009年以来、茨城はほぼ最下位が定着しており、5年連続で最下位となった。
●茨城は農水畜産物に出荷量で日本トップクラスのものが多く、おいしさにおいても、日本でも有数。
●鍵は食材ではなく、料理人の確保だ。茨城の1都市を地産地消の美食の街にして売り出し、おいしい料理の食い歩きを前面に出してPRすることが最下位を脱出する突破口になる。

下部枠
矢印
熊画像
上部枠

茨城の魅力ある部分をPRしないと、最下位のイメージが定着してしまいますね! トップマネジメントで魅力ある県の上位を目指してほしいものです!

下部枠
矢印
一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

市場そのものは隆盛を続ける一方で外資に国内系企業が淘汰、買収されたりすることを何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP