BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2017/12/25配信分

「日韓旅行者数」をウォッチ!

 
今回は、「日韓旅行者数」を取り上げてご紹介いたします。
 
先日、2017年の1‐10月での訪日韓国人客数と訪韓日本人客数に関する報道がありました。報道によると、同期間の訪日韓国人観光客数は約584万人で、訪韓日本人数は約230万人でした。2017年の通年の訪日観光人客数は約700万人を超えるとみられ、訪韓日本人客数との差が3倍近くになるとのことです。
 
確かに、訪日観光客数全体が伸びているので、訪日韓国人客数が増えていることも容易に想像できます。訪韓日本人数も伸び悩んでいるとの報道もよく見かけるので、目新しくはありませんが、いつごろからこのような変化が起きてきたのか、どのくらいの変化なのかを実際の数字を見て確認したいと思います。
 

 
2000年以降の訪日韓国人、訪韓日本人数の推移をみると2007年、2008年を除いて2013年までの間、訪日韓国人客数よりも、訪韓日本人客数の方が上回っていました。
 
訪韓日本人客数の推移をみると、2012年の約352万人をピークに大きく減少し、この数年は200万人前後で推移しています。
 
一方、訪日韓国人数は2011年以降一貫して増加を続けています。2014年以降の増加幅が大きくなっています。2014年までは300万人を下回っていたのに、2017年通年では700万人を超えることが予想されており、2倍以上の大幅な増え方となっています。
 
これには、為替レートの影響(円安、ウォン高)が影響要因として挙げられますが、それ以外の要因も大きく関連しているものと考えられます。
 
訪韓日本人客数の減少は、李明博元大統領の2012年の竹島上陸あたりから、日本人の韓国に対する親近感・感情が悪化したことが考えられます。実際、世論調査でも日本人の親近感低下と、訪韓日本人客数の減少と似たようなトレンドを示しています。また、最近の北朝鮮情勢の影響なども指摘されています。
 
一方、訪日観光客数の増加は、LCCや釜山からの格安フェリー、韓国国内での訪日旅行紹介が増えていることが指摘されています。また、中国と韓国の国際関係が一時期悪化していたことも、韓国人の旅行者が日本に向かったとの指摘もあります。
 
2000年代は日本人にとって、韓国旅行エステ・韓国料理・焼肉などがあり、日本国内旅行に行くよりも安くて魅力的に捉えられていたという記憶があります。
 
それが、韓国に行く日本人がピーク時よりも150万人近く減少し、日本に来る韓国人がこの4年で400万人増加しているということは、驚くほど変化が激しいことが数字・グラフを見ても分かります。
 
2018年は、韓国の平昌で冬季オリンピックが開催されますが、そこで訪韓日本人客数がどう変化するのか、その後どうなるのか、近い国だからこそ気になるところですね。
 
 



一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
  • カテゴリーなし
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

特性要因図とも呼ばれる対象となる特性と影響を及ぼす種々の要因の関係を整理した図を何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP