BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2018/04/02配信分

「お花見関連指標」をウォッチ!

 
今回は、「お花見関連指標」を取り上げてご紹介いたします。
 
先日3月17日に東京の桜(ソメイヨシノ)の開花が発表されました。平年より9日早く、昨年(2017年)よりも4日早い開花となりました。24日には満開が発表されています。
 
毎年、3月下旬~4月の桜の開花ニュースに合わせて「お花見」が話題となります。そして、桜の開花・お花見に合わせて、イベントごとの一つとして各社が「お花見商戦」を繰り広げています。飲食はもちろん、カメラ・写真関連のサービスや、体験型イベントや宿泊などの観光サービスなどの業界も、それぞれお花見商戦に取り組んでいます。最近では、外国人観光客にも「お花見」人気が広まっており、インバウンド関連業界も、この商戦に取り組むようになっています。
 
それでは、お花見の経済効果はどのくらいなのか、外国人観光客のお花見がどのくらい増えているのか、数字で確認してみたいと思います。
 

 
お花見の経済効果については、関西大学の宮本勝浩名誉教授が推定し発表しています。今年の3月下旬から5月下旬の約2か月間で経済効果が約6517億円としています。宮本名誉教授が以前に試算した、東京スカイツリーの年間経済効果(約835億円)、上野動物園パンダの赤ちゃんシャンシャンの経済効果(約267億円)よりもはるかに大きい経済効果をもたらしていることが分かります。
 
訪日外国人については、月別統計で何月が多いのか、過去と比べてどのように変化しているのか、日本政府観光局(JNTO)の統計で確認してみたいと思います。
 
2013年は月毎の変動が大きくありませんでしたが、2015年になると変動が見えてきて、2017年には更に明確に訪日外国人の多い月が分かるようになっています。4月、7月、10月の3回の山場があることが分かります。4月の山は、やはり「花見」を目的とした観光客の増加が考えられます。2013年4月の訪日外客数は92.3万人でしたが、2015年4月で176.5万人、2017年4月で257.9万人と、2013年から約165万人増加しています。
 
こうしてみると、「桜」は、日本人だけでなく外国人に対しても気分を高揚させる効果を持っていることが分かります。そして、財布のひもを緩める効果を持っているのかが分かりますね。
 
 



一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
  • カテゴリーなし
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

相互に重複がなく全体として漏れがないことを指すロジカルシンキングの基礎技術って次のどれ?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP