BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2018/06/04配信分

「中食の市場規模」をウォッチ!

 
今回は、「中食の市場規模」を取り上げてご紹介いたします。
 
5月下旬に、一般社団法人日本惣菜協会が、中食・総菜業界の国内市場をまとめた「2018年版惣菜白書」を発刊しました。同白書の調査結果によると、2017年度の中食・惣菜の情規模は10兆555億円と10兆円の大台を突破したとのことです。
 
日本経済新聞では、共働き世帯が増えているため、時短需要が増加していることが背景ではないかとして、同調査の結果と合わせて報道しています。また惣菜企業各社の業績も好調なようです。
 
それでは、中食市場がどのようなトレンドで伸びているのか、食市場の中で中食はどのくらいのウェイトを占めていて重要度が高まっているのか、どの店舗業態での購入が多いのかなど実際に数字で確認してみたいと思います。
 

 
まず中食の市場規模の推移を2005年から2017年の期間で見てみます。2005年に約7.6兆円でしたが、2008年(約8.2兆円)まで増加しましたが、2009年(約8.1兆円)に一度落ち込んでいます。以降は増加トレンドで、2017年に約10.1兆円と10兆円を初めて突破しました。
 
次に、食市場全体の中で、中食がどのくらいのウェイトを占めているのか、2007年と、2016年(データの制約で外食、内食の最新データが2016年のため)で比較してみ見ます。中食の構成比は、2007年に12.7%でしたが、2016年には13.8%と約1.1ポイント増加しています。ちなみに内食は2007年に約48.1%でしたが、2016年に50.6%と、約2.5ポイント増加しています。外食は、2007年に約39.2%でしたが、2016年は約35.6%と約3.6ポイント減少しています。
 
 それでは、中食はどのような店舗業態で買われているのか、業態別の販売額の推移を見てみます。グラフを見ると、伸びている業態は、コンビニエンスストア(CVS)と、食品スーパーで、その他の業態はほぼ横ばいだとわかります。CVSは2015年に2.96兆円でしたが、2017年に約3.23兆円と増加しています。食料品スーパーは2015年に約2.45兆円でしたが、2017年には約2.62兆円へと伸びています。
 
こうしてみると、外食の需要を、内食・中食が取っているという構図が見えてきます。中食の購入先は、コンビニエンスストアと食料品スーパーの伸びが大きいということが分かります。
 
先に、共働き世帯の増加で中食が増加という報道を紹介しましたが、内食も増加しているので、外食の割合が減っている要因が他にもありそうです。
 
そういえば、コンビニエンスストアは、最近イートインを強化しています。新しい店舗など多くはイートインを設けていることが多いようです。すると、統計的には外食ではなく、中食にカウントされることになると思います。イートインでは、学生や社会人を見かけることも多いので、これまでファストフード店に入っていたのが、コンビニに向かっているのかもしれません。
 
そう考えると、共働き世帯の増加要因に加えて、今後更にイートインが増えていくので、中食市場が伸びていくのではないかと予想できそうですね。
 
 



一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
  • カテゴリーなし
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

市場そのものは隆盛を続ける一方で外資に国内系企業が淘汰、買収されたりすることを何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP