BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2018/06/08配信分

経営戦略

RIZAPグループの快進撃は本物か?【大前研一メソッド】

熊画像
上部枠

結果にコミットのライザップがいろんな業種の企業を次々に買収していますが、この快進撃はどこまで続くんでしょうか? 昔のライブドアのような印象を感じますが、大丈夫なんですか?

下部枠
矢印
人画像
上部枠

屏風は広げすぎると当然倒れるな?それと同じで会社も股を広げすぎると倒れる。ライザップはまさにそれをやってしまっているような印象をうけるな。ではライザップは今何に取り組むことが優先なのか考えてみるぞ!

下部枠
矢印

 

■ ビジネストレーニングの種 ■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『 M&A路線で事業領域の拡大を続けるRIZAPグループ 』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

パーソナルトレーニングジムなどを手がけるRIZAPグループが発表した2018年3月期連結決算(17年4月~18年3月)によると、売り上げは前期比約43%増の約1362億円、営業利益が同33%増の約136億円、純利益が同20%増の92億5000万円と、いずれも過去最高に達しました。

 

19年3月期の売り上げは先行投資の効果により一気に1.8倍の2500億円、21年3月期は3000億円という大幅な増収を目指します。RIZAPグループの快進撃は本物なのでしょうか。大前研一学長に聞きます。

 

 

■ 大前研一学長の見解 ■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『 科学的にデータを使っての「結果にコミット」が強みになりうる 』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

業績を牽引しているのは、主力のボディーメーク事業。中高年市場開拓の一方、短期集中シェイプアップだったのを、1年更新で生活習慣を管理する継続サービスを導入し、会員の残存率が大幅に向上した。美容・健康関連事業は売り上げ収益が685億円強だ。

 

このように急成長を続けるRIZAPグループだが、健康美容分野以外にもアパレル、インテリア、雑貨、出版、ゴルフ、英会話、料理教室などさまざまな業種の企業を相次いで買収している。この4月にはJ1サッカーチーム「湘南ベルマーレ」の運営に乗り出すことも発表した。

 

【資料】主なグループ企業一覧

 

RIZAPグループは何を目指しているのか。

 

「グループ入り後、利益率が改善した企業もあるが、M&A(合併・買収)に一貫性が見えず、グループのシナジー効果(相乗効果)を生み出しにくい状況に思える」という指摘が私のところに寄せられている。その通りだと思う。

 

パーソナルトレーニングジム「ライザップ」の体重コントロールは、「結果にコミットできる」ことが成功要因だ。私も「ライザップ」のトレーニングを受けている人を知っているが、最新のITを駆使し、あらゆるデータを収集、徹底活用している。

 

食事コントロールもかなり厳しく、トレーナーに毎食のメニュー写真を送らなければならない。一時的には減量できても、その後、「ライザップ」を退会してしまうと食事コントロールをなかなか続けられず、体重がリバウンドしてしまう人も多いのではないか。

 

ただ、ゴルフスクールの場合、「ライザップゴルフ」のレッスンを受けた人によると、AI(人工知能)を使ってかなり科学的に分析し、グリップからスイングから何から何まで徹底的に細かい指導をされるという。ゴルフは、科学的にトレーニングすれば確実に改善することが見込める。ダイエットよりもゴルフのほうが成果も出やすいと思う。

 

一方、英会話や料理教室は、なかなか結果にコミットするのは難しいのではないか。私は、結果が見えるものを優先し、科学的にデータを使って説明できる他の領域を徐々に伸ばしていけばいいと思う。

 

RIZAPグループはM&Aのために毎月10社を超える企業の調査をしているという。このスピードで、すべて結果を出していくことは難しい。売り物である「結果にコミット」の部分がどこかの事業でいったん傷ついてしまうと、グループ全体が疑われることになる恐れもある。

 

ネットなどではネガティブな体験談の書き込みがあふれている。このほどスカウトしたカルビーの松本晃会長がCOOとして、拡大志向の強かった瀬戸健CEOに対する建設的な軌道修正、事業整理、企業理念の確立などの分野で貢献することを期待しよう。

 

 

経営と屏風には共通点があり、広げすぎると倒れると私はいつも言っている。

 

経営で重要なのはKFSであり、そこに集中するべきなのであるが、RIZAPグループの主要事業であるボディメーク事業でさえもノウハウはシステム化できてはおらず、成功ノウハウはインストラクターの教え方に依存する。将来的に優秀なインストラクターが退職して独立した場合に屋台骨が揺らぎかねないというリスクを内包する。

 

インターネットには同社に対する批判も数多く書き込まれているが、そういった批判を無視する現在の体質では安定した経営を長続きさせることは難しい。

 

このようにRIZAPグループは企業として土台を安定させなければいけない段階にあり、むやみにあれこれと買収をしている暇はない。

 

アパレル関連事業、住関連ライフスタイル事業、エンターテイメント事業はRIZAPグループの経営力からして無理があるため、売却して、美容・健康関連事業に経営資源を集中するべきだろう。

 

 



人画像
上部枠

今回のポイントだ!
●RIZAPグループがM&Aによる事業領域の拡大路線で、売上・利益ともに急成長を続けている。しかし、経営力は伴っていない。
●アパレル関連事業、住関連ライフスタイル事業、エンターテイメント事業売却して、美容・健康関連事業に経営資源を集中するべきだろう。
●RIZAPグループのサービス利用者に結果が見える領域を優先し、科学的にデータを使って説明できるようになれば競合他社に対するアドバンテージになる。

下部枠
矢印
熊画像
上部枠

経営資源を集中して結果にコミットすることが今後の経営を安定させる秘訣になるんですね!

下部枠
矢印
一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

市場そのものは隆盛を続ける一方で外資に国内系企業が淘汰、買収されたりすることを何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP