BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2018/06/20配信分

374――これは何の数字?

 

●正解:婚活もスマホ!マッチングサービス市場18年に374億円●

 

 

皆さんは「マッチングサービス」をご存知でしょうか?

 

一般用語としてのマッチングではなく、オンライン・アプリで行う婚活・恋活のマッチングサービスを指すことが多くなっているようです。いわゆる「婚活アプリ、恋活アプリ」や「オンライン婚活、オンライン恋活」と同義になっているとも言えます。「マッチングアプリ」と呼ばれることもあるようです。

 

「マッチングサービス」は、近年活況を呈しているといわれています。
業界最大手の「Pairs(ペアーズ)」(累計会員数約600万人)や「Omiai」(同約250万人)の他、サーバーエージェントの子会社マッチングエージェントが運営する「タップル誕生」や、ヤフーが運営する「Yahoo! パートナー」、リクルートが運営する「ゼクシィ恋結び」など、大手有名企業もマッチングサービス事業に参入してきています。

 

また「マッチングサービス」の市場規模は、2018年で374億円と、前年の256億円から約46%増えると予測されています。さらに2023年には、18年の約2.3倍にまで拡大すると予測されています。(マッチングエージェント「2018オンライン恋活・婚活の国内市場調査」より)

 

このように、「マッチングサービス」市場は拡大していますが、皆さんはこうした「オンライン婚活・恋活マッチング」に対して、どのようなイメージを持つでしょうか。こういったサービスを使うことに対して、「抵抗感を持つ人がいる」のに、なぜ市場が伸びているのか不思議に思う人もいるのではないでしょうか。

 

しかし、同じくマッチングエージェント社の「オンライン恋活・婚活 意識実態調査」によると、20~40代の未婚男女に「恋活・婚活サービスを利用することをどう思うか」という質問に対して、全体の約8割が「ふつうのこと」だと思っているという回答結果が得られています。また、恋活・婚活中の約3人に1人が、「マッチングサービス」を使っているという調査結果も得られています。

 

すなわち、一昔前のように婚活・恋活サービスを利用することに心理的な抵抗はなく、「マッチングサービス」を利用することにも抵抗がないということがうかがえます。

 

恋活・婚活の当事者であれば、このようなトレンドは当然のことと思うかもしれません。しかし、当事者でなかったら関心がないので、こうしたアプリ市場が伸びているとが、なかなか思いつかないかもしれませんね。

 

たまには、自分とは異なる世代・年代の関心事に目を向けることも大切ですね。自戒を込めて。。

 

 



一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
  • カテゴリーなし
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

相互に重複がなく全体として漏れがないことを指すロジカルシンキングの基礎技術って次のどれ?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP