BIZTIPS>BIZトピックス>『Steps to Leading Globally』を覗き見! ③リーダーシップの開発 その(1)~SMART plus HEART Goals

BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2018/07/25配信分

グルーバル感覚 組織人事

『Steps to Leading Globally』を覗き見! ③リーダーシップの開発 その(1)~SMART plus HEART Goals

人画像
上部枠

『Steps to Leading Globally』も三回目だ!今回はリーダーシップの開発その(1)を解説してもらおう!

下部枠
矢印
熊画像
上部枠

リーダーシップの開発ですか? グローバルビジネスの中で一体どうやって開発していくんでしょうか?

下部枠
矢印

 
■Steps to Leading Globally■■■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.リーダーシップの開発 その(1) ~SMART plus HEART Goals
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
今回からはステップ2として「リーダーシップの開発」について、2回に分けて説明していきます。
 
 
 
¶ ゴール設定の重要性
──────────────────────────────
 
多様なグローバルビジネス社会および組織において、それぞれ個別の文化、考え方を持つ組織構成員をあるべき方向に導くために、リーダーは「ゴール設定」を正しく行い、目指すべきゴールを組織構成員と共有せねばなりません。
 
ビジョンが「あなたがどの山を目指すのか=何を目指すのか; 長期的な目指すべき成功の姿」であるのに対し、ゴールは「ビジョンを達成するために取り組む短中期的な具体的な目標」と言えます。
 
そしてゴールは「戦略」そのものというよりは、むしろ「戦略を形作るのに必要な方向性」と考えられます。組織のゴールを設定することで、組織戦略を構築することができるのです。このゴール設定は、リーダーに求められる最も大事な仕事と言えます。
 
 
 
¶ SMART plus HEART Goals
──────────────────────────────
 
しかしこの大切なゴール設定ですが、実は多くの組織で正しく設定されていません。典型的な例として、長すぎる、詳細すぎる、不明確ということがあります。またこうしたゴールは組織構成員に忘れられてしまう、ということがあります。これでは組織を一つにし、前に進めることはできません。
 
そこでゴールを正しく設定するプロセスとして “SMART Goals”をご紹介します。
SMART とは、
 
〔S〕Specific :明確な
〔M〕Measurable, meaningful, motivating:計測可能な、意味のある、動機付けられる
〔A〕Achievable, agreed to, aligned:達成可能な、合意できる、一体となる
〔R〕Realistic, relevant, reasonable:現実的な、適切な、合理的な
〔T〕Time-bound, trackable:期限のある、追跡可能な
 
の各単語の頭文字から成り立つもので、ゴール設定の際にこれらを押さえると、組織全体で共通の理解が進み、適切にその進捗をチェックし、達成できているか否かを判断することができます。
 
そしてこのSMARTに加えて、組織構成員の心に響き、達成意欲の高まるゴールであること、すなわち“HEART=Inspiring Goals” であることが必要です。
 
それでは講義の中からSMART+HEART Goalsの例文を一つご紹介します。
 
“Achieve 95 percent on-time departure record by Oct 1st so that our airline can achieve ’number one service’ ranking for 2018.”
 
前半部分はSMARTの部分で航空会社としていつまでに何をするかが明確です。そして後半部分では、サービスランキングでNo1になる、という目標がHEART=従業員のモチベーションを高める文面になっています。このようにSMARTとHEARTが一体となったゴール設定をすることで、航空会社として社員が一体となり達成に向けて取り組むようになります。
 
 
 
¶ グローバルビジネスリーダーのリスニング(傾聴力)
──────────────────────────────
 
ここからは具体的にリーダーシップを発揮していくうえでのスキル・技法について説明していきます。
 
グローバルビジネスにおいて、実際にリーダーシップを発揮していくうえで大切なことの1つがリスニング=傾聴力です。リスニングスキルは生まれついてのものではなく、努力やトレーニングにより向上させることができます。
 
そのリスニングの手法として、「Active Listening:積極的傾聴」があります。Active Listening は、相手とのコミュニケーションにおいて、相手の話をただ単に受動的に聞き流すのではなく、
 
① Repeat & Paraphrase:
相手の話を確認するために、会話中の相手のキーワードを繰り返すこと。または相手のキーワードを自分の言葉に置き換えて、その真意を確認すること。
 
② Reflect & Empathize:
相手の話をまず聞き、そのうえで「あなたは…としたのですね、…考えたのですね。」というように相手のコメントを反映させ、ジェスチャーを積極に活用しながら念押しして確認すること。
 
③ Confirm & Expand:
Yes or Noで答える質問により会話を絞り込むこと。その逆に、Yes or Noではなく自由に答えられる質問により会話を広げていくこと。
 
という3つの技法を、コミュニケーションの相手、状況、会話に応じて適切に使い分け、組み合わせることで、相手とともに本質的な課題を見出し、それを解決していくコミュニケーション技法です。
 
多様なグローバルビジネス社会では、相手の話を評価、判断しようという姿勢や、自らが伝えたいことを一方的に伝えるという姿勢では、相手は心を開いてくれません。相手の考えを受容し、相手が話しやすいような雰囲気を醸成し、ニュートラルな立場で相手とともに解決に取り組む、このActive Listeningの技法が理想的なコミュニケーションなのです。
 
 
【執筆:岸原 直人/BBT大学院修了】
 
 



熊画像
上部枠

ゴール設定もコミュニケーション術もどんな環境下でも通用しそうな技術ですね!

下部枠
矢印
一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

相互に重複がなく全体として漏れがないことを指すロジカルシンキングの基礎技術って次のどれ?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP