BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2018/07/25配信分

300――これは何の数字?

 

●正解:IoTデバイス数が急増! 2020年時点で《 300億個 》に達する見込み●

 

 

皆さんはIoT機器をいくつお持ちですか?

 

IoTとは、Internet of Things(モノのインターネット)の略で、インターネットにつながるものすべてを指します。

 

センサーを取り付け、モノの状態や状況を把握する。インターネットでモノを操作する。インターネットを通じて通信を行う。これらすべてIoTです。

 

PCやスマホ端末だけでなく、スマホを通じて、自宅帰宅前に家のエアコンをONにする、照明を点ける。こうした家電もIoTです。このようなIoTデバイスが2020年には世界で300億個に達すると予測されています(注1)。

 

世界人口70億人としても単純計算で一人当たりIoTデバイス約4.3個に相当することになります 。

 

IoTにより、私たちの生活は一気に便利になり、豊かさを実感できるようになったかも知れません。また、今後もIoT機器は一層機能を強化されるでしょうし、サービスも増えると考えられますので、少しワクワクした気になりますね。

 

しかし、喜んでばかりいられません。IoTは、悪意あるハッカーの格好のターゲットです。

 

PCにウイルスソフトなどを入れているかもしれませんが、スマホにも入れていますか?

 

スマホには、個人情報が溜まっています。SNSを通じて取引先の情報、友達の情報が洩れるという事故が度々発生しています。最近ではAIスピーカーにより家庭での会話が流出したという 事件も起きています。

 

IoT機器は、セキュリティ対策が脆弱なものがまだ多いために、狙われやすいのです。
例えば、日本にあるIoT機器を一気に乗っ取ってサイバー攻撃を仕掛け、ライフラインを停止させるなどの攻撃リスクまで考えなければなりません。

 

東京オリンピック時には、東京の滞在人口は3千万人になるとも言われています。そこでサイバー攻撃を仕掛けられたら……と考えるととても怖いことです。

 

とはいえ、今後IoT機器をより活用する生活や社会は必ずやってきます。これからの未来のワクワクする生活・社会を作るためにも、セキュリティにも気を付けていきたいですね。

 

注1:IHS Technology推定値
なお、IHS Technologyの定義では、「IoTデバイスとは、固有のIPアドレスを持ち、インターネットに接続が可能な機器を指す。センサーネットワークの末端として使われる端末から、コンピューティング機能を持つものまで、エレクトロニクス機器を広範囲にカバーするもの」としています。

 

 



一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
  • カテゴリーなし
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

相互に重複がなく全体として漏れがないことを指すロジカルシンキングの基礎技術って次のどれ?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP