BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2018/08/15配信分

96――これは何の数字?

 

●正解:ソウルの平均通勤時間《 96分 》! 日本は?●

 

 

皆さんは通勤にどのくらい時間がかかっていますか?

 

韓国の国土交通部(日本の省に相当)によると、韓国で通勤時間(往復)が最もかかっているのはソウル市で平均96.4分(※1)。内訳を見てみると、出勤時間は41.8分、退勤時間は54.6分で、出勤時よりも退勤時の方が混雑により時間がかかっているようです。最も短いのが、全羅南道で66.6分(内訳:出勤28.6分、退勤38.0分)でした。なお、韓国の通勤は80%の方が公共の交通機関を使っているそうです。

 

一方、米国では平均通勤時間は片道26分(往復52分)。あくまで平均ですので、ワシントンD.C.やニューヨークでは渋滞により通勤時間が長くなる傾向にあるそうで、最近では車ではなく公共の交通機関や自転車通勤に変更する人が増えているとのことです。(※2)

 

では、日本はどうでしょうか?

 

日本は、首都圏、大都市は公共の交通機関が多く、地方になると自家用車での通勤が多くなります。首都圏のサラリーマン(5年以内に住宅購入した、都内勤務の子持ちサラリーマン)の平均通勤時間は、アットホームの調査によれば片道平均58分(約1時間)となっています(※3)。往復にすると116分ですので、単純比較はできませんが、米国の2倍以上、また、韓国ソウル市よりも長い通勤時間となっています。

 

首都圏の通勤は時間がかかるだけでなく、朝晩はラッシュ時の移動になりますので、疲労度は倍増するのではないでしょうか。そうすると、会社に到着してからのパフォーマンスに少なからずとも影響があるものと考えられます。

 

このように、韓国、米国、日本の通勤時間の状況考えると、日本の通勤時間の長さについては、まだまだ検討の余地がありそうです。同じ働き方改革でも、単なる時短だけではなく、時差通勤や在宅勤務の導入、サテライトオフィスなどでのテレワークの導入などが必要になってくることがわかりますね。

 

通勤時間に対する対応策についても、各社が個別に対策するだけではなく、今後官民協力して取り組んでいくことが必要になってくるのだろうと思います。

 

 

※1 気になるデータ:ソウルの平均通勤時間1時間36分、最も短い地域は?
※2 通勤手段は?時間は?日本と世界の通勤事情
※3 「通勤」の実態調査2014

 

 



一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
  • カテゴリーなし
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

特性要因図とも呼ばれる対象となる特性と影響を及ぼす種々の要因の関係を整理した図を何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP