BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2018/08/20配信分

「大手企業夏のボーナス」をウォッチ!

 
今回は、「大手企業夏のボーナス」を取り上げてご紹介いたします。
 
8月1日、経団連が大手企業(東証1部、従業員500人以上)の夏の賞与・一時金(ボーナス)の最終集計結果を発表しました。発表によると、平均妥結額は95万3905円(※)となっています。これは、1959年の調査開始以来、過去最高額を記録したことになるそうです。
 
今年2018年は、企業業績の好調さに加えて、安倍政権の「3%以上」の賃上げ要請も背景に、対前年比8.62%増と大幅に伸びたとの見方もされています。
 
それでは、もう少し長期トレンドでみて夏のボーナスが伸びているといえるのか、業種別にみると、どの業種のボーナスが多いのか、ボーナスが伸びている業種はどこかなど、実際の数字を見て確認したいと思います。
 

 
夏のボーナス(平均妥結額)の推移を2001年~2018年の期間でトレンドを確認してみたいと思います。2001年の夏ボーナスは77.8万円でしたが、そこから概ね上昇トレンドとなり、2007年に91.0万円と、この時点での過去最高を記録しました。
 
その後リーマンショックにより、2009年には75.4万円へと大幅に落ち込んでいます。以降2012年まで70万円台でほぼ横ばいでしたが、2013年から80万円台に回復し、2016年の90.5万円まで増加傾向にありましたが、2017年に87.8万円へと落ち込みます。しかし、2018年は95.4万円と、前年から大きく伸びた形になっています。
 
業種別に見ると、2018年の夏ボーナスが最も高かったのは「建設」で161.8万円でした。次いで百貨店やスーパーなどの「商業」で109.3万円、「自動車」106.2万円と、この3業種の夏ボーナスが100万円を超えています。
 
「建設」は2020年東京オリンピック・パラリンピックの施設建設需要に加え、人手不足の問題がありダントツに高いことが分かります。対前年比でも32.3%増と大幅に伸びています。「商業」は対前年比で33.6%増と最も高い伸び率を示した業種で、背景としてインバウンド消費需要などの要因が考えられます。
 
一方、2018年夏ボーナスが低い業種は、低い方から「紙・パルプ」65.2万円(対前年比4.6%減)、「造船」69.8万円(同13.7%減)、「電力」73.5万円(同3.9%増)となっています。夏ボーナスの高い業種と低い業種を比較してみると、「建設」と「紙・パルプ」では100万円近いボーナスの差があることになります。
 
「建設」のボーナスの高さ、伸び率の高さは驚きでしたが、オリンピック・パラリンピックを背景とした一時的ものだとすると、「その後の反動も大きそうだ」ということが容易に想像できそうですね。
 
 



一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
  • カテゴリーなし
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

相互に重複がなく全体として漏れがないことを指すロジカルシンキングの基礎技術って次のどれ?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP