BIZTIPS>BIZトピックス>赤字垂れ流しの大塚家具に再建の道はあるのか?【大前研一メソッド】

BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2018/08/24配信分

マーケティング 経営戦略

赤字垂れ流しの大塚家具に再建の道はあるのか?【大前研一メソッド】

熊画像
上部枠

あの大塚家具が連続赤字で窮地に追い込まれてしまっていますね! 親子喧嘩がやっぱり原因だったんでしょうか?これから大塚家具はどうやったら再建できるのでしょうか?

下部枠
矢印
人画像
上部枠

世間では親子喧嘩が原因だと言われているが問題の本質はそこではないな! くまおは一体どういう家具を買ったりしているのか考えてみるとなんとなく問題の本質が見えてきそうだが、これからそれを解説していこう!

下部枠
矢印

 

■ ビジネストレーニングの種 ■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『 大塚家具、「継続企業の前提に関する注記」の黄信号 』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

大塚家具は2016年12月期以来、継続して営業損失の発生及び営業キャッシュフローのマイナスを計上しており、2018年1月~6月の第2四半期累計期間においても営業損失35億6百万円を計上し、営業キャッシュフローは20億8千万円のマイナスとなりました。

 

これらにより同社には継続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせる事象または状況が存在する旨の「注記」が同社として初めて決算短信に記載されました。

 

【資料】平成30年12月期 第2四半期決算短信 p.7

 

同社の経営再建策は残っているのか、大前研一学長に見解をみてみましょう。

 

 

■ 大前研一学長の見解 ■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『 ニトリやイケアにマスマーケットを奪われた 』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

◆大塚家具のコンセプトは現在ではもう成り立たない

 

低価格路線のニトリやイケアとの競争激化やブランドイメージ悪化で業績が低迷する大塚家具。店舗閉鎖や売り場の縮小を進めてきたが、ここにきて経営難に陥り、投資ファンドや金融機関を通じて複数企業と交渉、資本提携などを含む経営再建策の検討を始めている。

 

支援企業の候補として取り沙汰された家電量販大手ヨドバシカメラは支援見送りを表明し、現在は2017年11月に資本業務提携した貸会議室大手TKPとIT関連企業などを傘下に持つ台湾の企業グループ・能率集団の名が挙がっている。

 

大塚家具について、私は以前からビジネス・ブレークスルーの番組などで「会社を清算するのが唯一の方策」と発言している。身売りしたところで、大塚家具のコンセプトは現在ではもう成り立たない。閉鎖しかないと思う。

 

大塚家具は、創業者の大塚勝久氏が導入した会員制高級家具セット販売で急成長した。客が入店時に氏名や住所を書き、店員が一緒に店内を回ってくれるという販売方法だ。旧新宿三越新館を一棟丸ごと使用した新宿ショールームや東京ドームの2倍という日本最大級の有明本社ショールームなどに、海外製の高級ソファなどを並べていた。

 

こうした勝久氏の戦略は、西欧の家具が日本人の憧れだった時代の話。目利きの社員が海外で購入した家具を売るという大塚家具のビジネスモデルは、マンション住まいの単身家庭には適応できなかった。大塚の家具はマンションには大きすぎたのだ。サイズだけでなく、値段もまったくそぐわなくなった。その一方、低価格で単品買い需要に対応したニトリやイケアが台頭してきた。

 

◆父と娘の親子げんかは経営不振に陥った本質ではない

 

そこで、3年前の2015年に長女の久美子社長が勝久氏と激しい委任状争奪戦を繰り広げた末に経営権を取得。会員制を廃止して、客の裾野を広げ、単品売りを基調にするお手軽なカジュアル路線を経営方針にした。従来の高級路線を転換して中価格帯の商品を増やした。

 

しかし、安い商品を扱ったことでブランド価値が下がり、その一方でニトリなどの低価格の競合店に押され、店舗売上高は2018年7月まで12カ月連続で前年割れが続いている。2018年12月期決算では3期連続の赤字となる見通し。大塚家具は無借金経営を貫いているものの、2015年末に109億円あった現預金は2018年6月末に22億円にまで減少した。

 

私は、現預金のある間に従業員に支払って店じまいをしなさいと提案したい。新宿ショールームなどの賃貸契約は、途中でキャンセルするとペナルティーが発生するので、それを払うか、あるいは空いたスペースが欲しいTKPに肩代わりしてもらう。

 

 

父・勝久氏は、高級家具販売の匠大塚を設立したが、匠大塚の経営も軌道に乗っているわけではない。

 

「この父と娘のお家騒動で大塚家具のブランドイメージが悪化した」といわれるが、親子げんかは関係ない。争奪戦の勝者は結局、どちらも正しくない戦略を突き進むことになっていたのだ。もはや会社として生き残っていくのは、商品コンセプト的に無理だ。身売りするとか、資本提携するというレベルの話ではない。会社清算しか道は残されていない。

 

 



人画像
上部枠

今回のポイントだ!
●大塚家具に、継続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせる事象または状況が存在する旨の「注記」が同社として初めて決算短信に記載された。
●大塚家具が会社として生き残っていくのは、商品コンセプト的に無理がある。
●身売りするとか、資本提携するというレベルの話ではなく、会社清算しか道は残されていない。

下部枠
矢印
熊画像
上部枠

家具が時代に合わなくなってきているんですね! 会社精算しか道が残されていないなんて寂しい気もしますが、そうやってまた新しいものが生まれてくるんですよね。

下部枠
矢印
一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

特性要因図とも呼ばれる対象となる特性と影響を及ぼす種々の要因の関係を整理した図を何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP