BIZTIPS>BIZトピックス>『戦略的人材マネジメント』を覗き見! ⑤ヤル気のない秀才君を仕事に夢中にさせる方法

BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2018/09/12配信分

組織人事 経営戦略

『戦略的人材マネジメント』を覗き見! ⑤ヤル気のない秀才君を仕事に夢中にさせる方法

人画像
上部枠

今回はやる気のない秀才を夢中にさせるということで、人材マネジメントをみていこう!やる気のない秀才というのが結構厄介になるな! くまおはやる気あるよな?

下部枠
矢印
熊画像
上部枠

やる気ありまくりじゃないですか! やる気のない人ってやる気にさせることができるんですかね? どんな方法があるんでしょうか。

下部枠
矢印

 
■戦略的人材マネジメント■■■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5.ヤル気のない秀才君を仕事に夢中にさせる方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
¶ 宝くじに当たるよりずっと確実に幸せになる方法
──────────────────────────────
 
宝くじに当たったら会社辞めてやるんだ、という人がいます。
そういう人は、もし万が一当たっても、不幸になる可能性が高いそうです。
それに、実際のジャンボ宝くじの当選確率は1,000万分の1なので、万が一どころか、さらにその1,000分の1です。
そんな妄想は時間の無駄なので、もっと現実的に幸福になれる方法を考えるべきです。
 
なにかに時間を忘れるほど夢中になっている人生は、幸福です。
宝くじが当たらなくても幸せです。
そんな状態をフロー状態といいます。
 
チクセントミハイ先生のフロー理論は、チャレンジ度(仕事の難易度)とそれをするためのスキル・能力の二軸で論じられます。
 
前回は、どちらも低い「無気力」状態から、難易度を上げることで「心配」から「不安」の状態に持っていき、「不安状態」でスキルを上げることで「覚醒」し、難易度を上げずにさらにスキルを上げることで「フロー状態」に持っていくことを紹介しました。
 
今回は難易度ではなく、スキルのほうからのアプローチ方法を紹介します。
 
 
 
¶ ヤル気のない秀才君はどんな状態なのか?
──────────────────────────────
 
あなたの会社やチームに、ヤル気のない秀才君はいませんか?
IQが高く、人あたりもよく、やればできるはずなのに、ヤル気がない。
このようなタイプをフロー理論でどうアプローチすべきでしょうか?
 
「無気力」状態から、難易度は低いまま、スキルだけを上げていくと、「退屈状態」になります。簡単な仕事で、簡単にできちゃう状態ですね。
さらにスキルだけ上げていくと、退屈を通り越して「くつろぎ状態」になってしまいます。
 
自分がほかの誰よりも仕事を器用にこなすけど、やるのは簡単な仕事だけ。
 
ヤル気のない秀才君はこの状態にいることが多いと思いませんか?
 
 
 
¶ ヤル気のない秀才は仕事から逃げるのが上手
──────────────────────────────
 
この「くつろぎ状態」の人材にも、やはり仕事の難易度の調整によってアプローチします。ただし、当事者が感じる感情に大きな違いがあるのでそこをしっかりとおさえておいてください。
 
繰り返しですが、スキルの低い人材の仕事の難易度を上げると、「心配」や「不安」の感情が芽生えます。一方で、簡単な仕事だけしている、スキルだけは高い「くつろぎ状態」にいる社員に、難易度をぐっと上げてしまうと、不安や心配を感じる前に、「やればできるけど面倒だからやらない」という判断をされがちです。
これではフロー状態には突入できません。
 
彼らにすべきアプローチは、難易度を一気に上げず、徐々に上げていくことで得られる「コントロール状態」の演出です。自分には能力があって、与えられた仕事を自分でコントロールしている、という実感を持たせるのです。
 
 
 
¶ 自己効力感がやがて彼らを夢中にさせる
──────────────────────────────
 
ヤル気のない秀才君たちは、もともと頭の良い器用なタイプですので、難易度の高い仕事をから巧妙に逃げることが上手です。逃さずにアサインしても、心配や不安を感じる前に、やったふりだけしてくつろぎ続けます。
 
そんな彼らには、自分で自分の仕事を上手にコントロールして成果を上げている、という実感を持たせる工夫が必要です。
 
心理学用語で言えば「自己効力感」の開発です。
 
彼らはヤル気がないだけで優秀なので、自己効力感を得る前に与えられた仕事をこなしてしまいがちです。そこを上手に見極め、この仕事をこんなにうまくこなせるのは自分しかいない、というコントロール実感を得られる程度の難易度に調整し続けましょう。
 
やがて仕事の難易度も彼らのスキルもどんどん上がっていき、時間を忘れて仕事に夢中になる「フロー状態」に突入していくことでしょう。
 
 
【執筆:佐藤 祐樹/BBT大学院修了】
 
 



熊画像
上部枠

もともと優秀だからやる気にさせることができるってことですね!

下部枠
矢印
一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

相互に重複がなく全体として漏れがないことを指すロジカルシンキングの基礎技術って次のどれ?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP