BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2018/09/17配信分

「 企業の内部留保 」をウォッチ!

 
今回は、「 企業の内部留保 」を取り上げてご紹介いたします。
 
先日(9月3日)に財務省が発表した2017年度の法人企業統計によると、企業の内部留保(利益剰余金)が446兆円と過去最高となりました。6年連続で過去最高を更新しています。
 
企業の内部留保が積みあがることに対し「貯めこみ過ぎ」との批判があります。麻生財務大臣は「利益の使い方がさらに先の設備投資にいかないと具合が悪い」ともコメントしています。内部留保は、現預金などの資金と考えられがちですが、実際には設備投資やM&Aに使われたりしています。
 
それでは、内部留保がどの程度増えているのか、設備投資に回っていないのか、何に使われているのか、実際の数値で確認したいと思います。法人企業統計で取得可能な1960年から2017年までの長期データでそれらの推移を見てみます。
 

 
まず、「内部留保」を見ると、60年から増加トレンドで、90年以降のバブル崩壊で横ばい傾向となります。その後2006年に急上昇し、以降概ね増加トレンドでしたが、アベノミクスが始まった2012年以降増加ペースが加速しています。
 
「現預金」をみると、バブル時の1989年(163兆円)まで増加し続けましたが、以降減少し横ばい傾向となります。2009年ごろから増加傾向となり2012年以降増加ペースが増しています。
 
M&Aなどによって増加する「長期保有株式」は、この推移を見ると、2006年(160兆円)まで一貫して増加していますが、2007年に134兆円へと落ち込んだのち、以降2008年から増加ペースが加速し、2017年には316兆円へと大幅に増加しています。
 
設備投資に関連する「有形固定資産・無形固定資産」は、1998年のピーク(511兆円)まで増加ペースで来ていましたが、2003年までに474兆円へと減少し、以降概ね横這いとなっています。
 
このようにみると、2000年代以降の動きとして、企業は収益が上がると、設備投資よりM&Aなど有価証券への投資に回していることが分かります。
 
もし、内部留保を将来への投資(設備投資やM&Aなど)に十分に活用していなければ、株主から配当還元するよう要求が高まることが考えられます。
 
企業の内部留保の増加をどうするのか、収益を上げた分を株主に還元するのか、それとも次の成長への機会を見出して積極的に投資していくのか、企業経営者の経営能力が試されているといえるのではないでしょうか。
 
 



一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
  • カテゴリーなし
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

特性要因図とも呼ばれる対象となる特性と影響を及ぼす種々の要因の関係を整理した図を何という?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP