BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2018/09/26配信分

3――これは何の数字?

 

●正解:日本食レストラン、タイで初の《 3千店 》超え●

 

 

 

ジェトロによると、2018年度にタイでの日本食レストランが前年度比8%増の3004店舗と、初めて3000店を突破したそうです。タイの首都バンコクでは競争が激しいため、店舗数が若干減少しているものの、地方都市への出店が増加しており、全体を押し上げています。ジャンル別でみると、最も店舗数が増えているのは寿司店です。特にバンコクなどの都市部では高級寿司店が人気のようです。

 

タイに限らず、日本食レストランは世界各地で順調に増えています。海外の日本食レストラン数は、2006年に約2.4万店だったものが、2017年に約11.8万店と、11年間で4.9倍となっています。特にアジアでは全体の58.7%(2017年)を占め、2015年から店舗数が約5割増加しています。(注:日系企業が経営している日本食レストランとは限らない)

 

ではなぜ、アジアでの日本食人気が高いのでしょうか。農林水産省は「政府や民間が世界各地で行っている日本食普及イベントなどを受け、世界的に日本食ブームが一層広がってきている」と分析しています。この他の要因として、日系企業のアジア進出の多さも考えられますが、訪日外国人旅行客の増加も要因の一つとして考えられるのではないでしょうか。

 

外国人が日本食に出会うのは、日本に旅行をした時が多いものと考えられます。そこで日本食を気にいった人が、帰国後にまた日本食を食べたくなることが考えられます。こうした訪日経験者の増加が、海外での日本食レストラン増加に寄与しているのではないでしょうか。中でも、訪日観光者数のうちアジア比率が圧倒的に高いことが、アジアの日本食レストラン増加の一因として考えられそうです。

 

一方、日本の外食産業にとって海外市場、とりわけ成長するアジア外食市場は大いに可能性があると考えられます。

 

このように考えると、日本でインバウンドビジネスをする際には、訪日滞在中にもてなすだけではなく、帰国後も現地で「日系企業が提供する日本食」を食べてもらえるように、広い視点での普及・啓蒙、マーケティングを検討するのも良いのではないでしょうか。

 

ラグビーW杯、東京オリンピック・パラリンピックで拡大するインバウンドを最大限生かす施策を今から準備したいですね。

 

 

海外における日本食レストランの数(農林水産省)
日本食レストラン、タイで初の3千店超え(ジェトロ調査)
活況 日本食レストラン 海外 11万8000店に

 

 



一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
  • カテゴリーなし
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

一定期間に国内で生産された商品・サービスなどの付加価値の合計のことをなんと呼ぶか?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP