BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2018/10/01配信分

「 100歳以上人口 」をウォッチ!

 
今回は、「 100歳以上人口 」を取り上げてご紹介いたします。
 
毎年9月の第3月曜日は敬老の日ですが、厚生労働省はそれに合わせて百歳以上の高齢者数の数値を発表しています。
 
今年(2018年)の9月1日現在の100歳以上の高齢者数は約7万人(69,785人)と発表されています。これは、48年連続で過去最高を更新しているそうです。
 
巷では「人生100年時代」と言われることが多くなっていますが、日本の100歳以上人口は世界的にみてどの程度なのか、今後100歳以上人口がどのくらい増えるのか、それが世界的にみてどの程度の規模なのか、実際の数字を見て確認したいと思います。
 

 
まず、2018年の100歳以上人口の多い国(上位20か国)をみると、米国が7.2万人とトップで、次いで日本(6.9万人)、中国(6.8万人)、インド(3.3万人)、ベトナム(2.8万人)となっています。やはり人口の多い国が上位に来る傾向にあります。
 
そこで、前述上位20ヵ国のうち、対人口比(人口1万人あたり100歳以上の数)を見ると、日本がダントツのトップで5.5人、次いでベトナム(2.86人)、イタリア(2.83人)、チリ(2.8人)、フランス(2.6人)の順となっています。
 
長期予測で2050年に100歳以上人口がどの位になるのか見てみると、トップは中国で51万人になると予測されています。次いで日本(45万人)、米国(26万人)、ブラジル(23万人)、インド(16.6万人)の順となっています。同様に2050年の対人口比を見ると、日本がダントツのトップで41人、次いでフランス(16人)、ブラジル(9.9人)、バングラデシュ(7.5人)、米国(6.8人)となっています。
 
国際比較でみると、100歳以上の絶対数では、日本の他に米国、中国、インド、ブラジル、バングラデシュ、ベトナム等人口の比較的多い国が上位に来ていることが分かります。中国は日本とほぼ同水準ですが、2018年時点でトップの米国が2050年の長期予測では増加ペースが減速しています。米国は100歳以上まで長生きする人の割合が日本よりも低いからでしょう。
 
対人口比で見ると、インド、中国、バングラデシュ、ブラジルなどの新興国は日本と比べると低い値で推移しています。フランスやイタリアなどの先進国が高い傾向があります。米国は、先進国でありながら移民大国であるために、対人口比が低くなっているものと考えられます。
 
このように日本は、絶対数でも、対人口でも、長期予測で見ても、世界的に100歳以上人口が多い「超長寿社会」トップランナーであることが分かります。
 
これを見て、「長寿社会でおめでたい」という解釈で終わるのか、「高齢社会で大変だ」と悲観的になるのか、「長寿ビジネスの機会」が世界に広がっていると考えるのか。同じ数字でも世の中をどういう視点で見るかで、私たちの生き方も変わってきそうですね。
 
 



一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
  • カテゴリーなし
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

相互に重複がなく全体として漏れがないことを指すロジカルシンキングの基礎技術って次のどれ?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP