BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2018/10/15配信分

「 子どものICT活用状況 」をウォッチ!

 
今回は、「 子どものICT活用状況 」を取り上げてご紹介いたします。
 
先日(10月1日)、NTTドコモモバイル社会研究所(9月下旬)が実施した調査で、小学4年生で約半数が携帯・スマホを利用しているとの報道がありました。小学1年生では40%とのことでした。
 
年代別のICT利用状況調査といえば、よく20~60代以上などの10年くくりで行われ、10代とりわけ低学年は調査対象から外れていることが多く見られます。ですが、同社では小・中学生の利用状況に関する調査レポートを蓄積しています。
 
近年子どものプログラミング教室などの人気も高まっていますが、どのくらいの子どもがパソコンやタブレットなどどのくらい利用しているのでしょうか。低学年と、高学年でどのような違いがあるのでしょうか。具体的に数字で確認してみたいと思います。
 

 
まず、スマホ・携帯の利用率を見ると、小学1年生で40%に達しており、小4で50%を超え、中1で80%台に達し、そこから横ばいとなっています。
 
次にタブレット利用率を見ると、小1で25%、小2で38%とおよそ4割に達し、以降概ね横ばいとなっています。
 
パソコンの利用率を見ると、小1〜小3まで10%台で、小4で30%台に達し、小6で40%台となり、そこから概ね横ばいで、中3で50%近くに達しています。
 
このように見ると、各年代でスマホ・携帯、タブレット、パソコンの順で利用率が高くなっています。特にスマホ・携帯では小学校高学年から利用率の上がり方が高くなり、タブレット、パソコンを大きく引き離しています。
 
なお、デジタル機器という定義で考えると、この調査には出てこないゲーム機器があり、近年のゲーム機器が通信機能を備えている場合が多く、ある意味子どもがICT機器を利用しているということになります。
 
実際に小学生低学年(未就学児も含めて)の子どもがスマホやタブレットを触っていく姿を見ると、吸収力・上達スピードの速さに驚かされます。所有者である大人が知らない操作方法を、自分で発見して使いこなして驚くこともあります。
 
まさに、子ども時代からデジタル機器・スマホを使いこなす、デジタルネイティブ、スマホネイティブ世代ということが言えそうですね。
 
 



一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
  • カテゴリーなし
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

自社や外部環境の分析をすることによって、適切な目標を立てるために役立つフレームワークは?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP