BIZトピックス 話題のビジネスマナーや、時事問題を大前研一やMBAホルダーの視点で鋭く解説。あなたの成長へのプロセス作りを後押しする、ビジネストピックス集。

2018/11/21配信分

9――これは何の数字?

 
●正解:ドローンで初の荷物輸送 福島で約《 9km 》、16分の飛行●
 
 
 
先日11月7日、福島県の南相馬市と浪江町の郵便局間、約9kmを荷物運送する実証実験が行われました。荷物は郵便局のチラシや書類、小学生が描いた絵、高校生が作ったお菓子など。今まで軽自動車で25分かかっていたのが、約16分で運ぶことができたようです。今後は書類等だけでなくゆうパック配送など実際のサービスでの活用を行い、日本郵便では将来は全国での実用化を目指すとしています。
 
ドローン輸送は、以前から実用化が期待されていました。運送業の人員不足対策になること、車で運ぶよりコストが下がることやCO2削減などのメリットが多いからです。
 
ただ、期待が大きいものの、ドローン操縦者が目視できない範囲までの飛行は認められないという規制があり実現がされていませんでした。しかし、今年9月の航空法の改定により、一定の条件が満たされ国土交通省の許可がおりた場合は可能となったことで、今回の実証実験が実現し、運輸への活用第一歩が踏み出されました。(※1、2)
 
 
しかし、まだ課題も残っています。
まずは飛行時間です。ドローンの大きさによりますが、バッテリー容量により平均飛行時間は20~30分が中心となっています。荷物を届けて戻ってくることを考えると、今後はバッテリー性能の向上が必要です。
また、積載重量も今後の開発テーマとなります。今回の実験では約2㎏の荷物の輸送でしたが、今後はより重たいものの輸送に期待が寄せられるでしょう。
 
ドローン市場ではこの航行時間、積載重量の対応などが開発競争になっています。航行時間が1時間以上、積載重量は200㎏や500㎏などが実現されています。そのために、駆動部もモーターだけでなく、エンジンなどを積んだハイブリット型やジェットエンジン搭載などのドローンも研究が進んでいるようです。
 
今後、ドローン輸送で、コスト削減、人員不足の解消、CO2の削減などの課題が解決されることを期待したいですね。
 
 
※1 日本郵便株式会社による目視外補助者無し飛行について 国土交通省
※2 無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領 国土交通省
 
 



一票を!

今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。

役立った!
同一カテゴリのトピックスを読む
  • カテゴリーなし
MBA診断

本サイトのBIZトピックス・ビジネステンプレート・ビジネス用語集は、ビジネス界の第一線で活躍する大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。

【無料】9日間でカフェ経営メルマガ

<ステップメール>経営学の要諦を物語で学ぶ!定年退職した父親は元公務員。ビジネス経験ゼロの父が、一流の経営者になるまでの感動のストーリー

BIZTIPSとは?
close

BIZTIPSは、ビジネスに関する様々な情報を集約したビジネスパーソンの知的給油所です。現在進行形で起こっている諸問題、疑問に対するプロの見解や最新のビジネストピックスなど、必読情報満載のポータルサイトです!

BIZまとめ
役立つ5つのコンテンツ
BIZトピックス
BIZ用語集・テンプレ
BIZライブラリ
BIZリファレンス
検索人気ワード

バナー

バナー

バナー

BIZクイズ一問一答!

問題

相互に重複がなく全体として漏れがないことを指すロジカルシンキングの基礎技術って次のどれ?

ビジネスの第一線から最新情報を配信中!
本サイトは日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が学長を努めるビジネス・ブレークスルー大学大学院が提供しております。
ビジネスの第一線で活躍する講師陣ならではの最新のビジネス情報を配信中です。

大前研一

大前研一
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。 経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

PAGE TOP